ちびくじらの得する生活

仮想通貨・FXの勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ

Zaif(ザイフ)で買えるZen(JPYZ)の特徴・チャート・将来性について【徹底解説】

 

zaif-zen-shouraisei-kaikata

 

 

こんにちは、仮想通貨投資中のちびくじらです。

仮想通貨に投資をしている人の中で、

仮想通貨Zenトークン(JPYZ / ゼン)ってなに?

という方がいらっしゃるかと思います。

そこで、こちらのページでは、

Zenトークンについて知りたい人

に向けて、

Zenトークンの3つの特徴
Zenトークンのチャート

Zenトークンの将来性
Zenトークンの2018年のロードマップ

Zenトークンのどこよりもオトクな買い方

について情報をまとめました。Zen(JPYZ / ゼン)の購入を検討している方は参考にしてみてください。初心者の方でも分かりやすく説明をしています。 

*ZENはZaifで購入できます。登録と購入手順は以下の記事を参考にしてください。
>>> Zaif(ザイフ)の簡単登録はコチラ⇒ 

 


Zen(JPYZ / ゼン)の3つの特徴

Zenトークンの特徴は次の3つです。

  • 1JPYZ = 1円の価格のペッグ通貨

  • BCCC(ブロックチェーン推進協会)
    インフォテリア社が運営(
    中央集権型の仮想通貨

  • カウンターパーティーリスクがある

それぞれ説明をしていきます。

1JPYZ = 1円の価格のペッグ通貨

まず、1JPYZは、ほぼ1円の価格の仮想通貨のペッグ通貨です。「ペッグ」の意味は"固定する"、"安定させる"という意味をもち、ペッグ通貨とは別名"固定相場制"を意味します。そのため、1JPYZ=1円(ほぼ)です。

このZenですが、今では実験的に導入されていますが、すでに浸透しているペッグ通貨としてはTether(テザー)がありますよね。こちらは、1Tether=1USDとしてBINANCEでも流通しています。詳しい情報は次のページを確認してみてください。

*参考

 

BCCC(ブロックチェーン推進協会)・インフォテリア社が運営(中央集権型の仮想通貨

BCCC(ブロックチェーン推進協会)・インフォテリア社が運営

このZEN(JPYZ / ゼン)ですが、BCCC(ブロックチェーン推進協会)・インフォテリア社が運営しています。この会社が通貨の発行量を決めるという流れになっています。他の仮想通貨は通貨の発行に関しては分散型で管理されていますが、このJPYZに関しては中央集権型と言われています。

また、BCCC・インフォテリア社がJPYZの価格を以下の通り調整しています。

  • 1円より上がると、1円より安く売る
  • 1円より下がると、1円で買い戻す

そのため、1JPYZ=1円に固定されているわけですね。

カウンターパーティーリスクがある

JPYZですが、カウンターパーティーリスクがあります。カウンターパーティーリスクは金融用語で簡単に説明をすると、その預け先が倒産してしまうと、その損失を受けるリスクですね。つまり、BCCC・インフォテリア社が独自に発行するJPYZは、この団体・会社が倒産すると価値がなくなるためカウンターパーティーリスクはあります。

 

Zen(JPYZ / ゼン)とTether(USDT / テザー)との違い

この、ZenとTetherの大きな違いは、BINANCEに上場しているかどうかです。TetherはBINANCEでUSDT建てでビットコインやその他通貨を購入できるので、普段から米ドルでトレードをする人たちにとっては大きな意味になります。BTC建にすると計算が難しいですしね。一方、Zenトークンですが、現在のところ、これといった使いみちがない状況ですね。この状況が大きな違いになります。

 

Zen(JPYZ / ゼン)のチャート

Zen(JPYZ / ゼン)-chart
*CoinFiより(2017/11/2〜2018/4/30までの全期間チャート)

以下の2つがポイントです。

  • 期間内の最高値=1.2445円
  • 直近の価格=1.0008円

期間内の最高値ですが、1.2445円と24%も上がっている日があります。これは、買い注文が集まりすぎたためだとされています。

また、直近の価格は1.0001〜1.0009円前後で安定しています。

  

Zen(JPYZ / ゼン)の将来性  

Zen(JPYZ / ゼン)の将来性について説明をすると、価格は固定されているので価格の面で将来性はありませんが、もし、BINANCEといった海外取引所でJPYZ建ての通貨が広がると、日本円ベースでの取引が広がり市場が拡大しますよね。というのも、日本人にとって円建てがベースで分かりやすいですし、特にBTC建ては使いにくいですよね。

2018年に入り、BINANCEでは、BTCをUSDTで購入できるようになりましたので、JPYZの取り扱いもしてもらいたいですよね。今後JPYZ建ての取引所が増えてくると面白そうですよね。

*Tetherの取り扱い高(*COFIより)

Tether(テザー)-USDT-marketcap

 

Zen(JPYZ / ゼン)の買い方

*JPYZはZaifで購入できます。登録と購入手順は以下の記事を参考にしてください。

 

Zen(JPYZ / ゼン)の情報まとめ

以上、Zenトークンについて情報をまとめてきましたが、Zenトークンの将来性・構想は凄まじいですよね。海外では人気が広まっています。今後は、運営がどうサービスを展開していくことができるかが注目です!こちらのページは、Zenトークンの状況が変化しましたら都度更新をしていきます!

*あわせて読みたい

次のページに、Zaifを運営するテックビューロ社の将来性(凄さ)と、トラブルを含めた情報を総まとめしています。あわせて確認してみてください。

  

また、以下にZaifで購入できるトークンの情報をまとめています。参考にしてみてください。

COMSAトークン:NEMをベースにした次世代ICOプラットフォーム
Zaifトークン:テックビューロ社が発行する企業トークン
XCP:ビットコインのブロックチェーンを利用したプラットフォーム
PEPECASH(ぺぺキャッシュ):4ch発祥のコミュニティーコイン
BCY(ビットクリスタル):トレーディングカードゲームの仮想通貨
FSCC(フィスココイン):株式会社フィスコ発行の企業トークン
CICC(カイカコイン):株式会社カイカの企業トークン
NCXC(ネクスコイン):株式会社ネクスの企業トークン