ちびくじらの得する生活

仮想通貨・FXの勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ

Ledger Nano S(レジャーナノ・S)からbitbank(ビットバンク)にXRP(リップル)を送金する手順まとめ

ledger-nano-s-send-xrp-bitbank

 

仮想通貨投資家のちびくじら(@chibikujira_777)です。

XRPを運用している人Ledger Nano S (*) からBitbankにXRPに送金をする機会があると思います。最終的にXRPを現金にするときに、Bitbankを利用すると手数料が格安(ほぼ無料)で日本円(JPY)に替えることができるので、Bitbankは利用できるので良いですよね。

そこで、このページでは、

▶Ledger Nano S(レジャーナノ・S)からBitbank(ビットバンク)にXRPを送金する予定の人

に向けて、

▶送金ミスをしないために、管理人が実際に送金を成功したときの手順

について、詳しく説明しています。 

[*2018/5/7:追記] 

10万以上のXRPを購入している方は、できればこの機会にハードウェアウォレットを購入した方が良いかなと思います。コインチェックの事件の被害に遭って、管理人は Ledger Nano S (*) を購入して分散保管しています。もうあの辛いことは体験したくないですよね。ハードウェアウォレットを使用したほうが良い理由は次のページに詳しくまとめています。

>>> 仮想通貨(ビットコイン)をハードウェアウォレットで保管するべき5つの理由【総まとめ】

*補足:Ledger Nano SはXRP(リップル)に対応しています。リンク先は日本唯一の正規代理店です。設定でつまずくところも日本語サポートがあるので便利です。購入方法と設定手順については、以下の記事にそれぞれまとめていますので参考にしてみてください。

>>> ハードウェアウォレット Ledger Nano S を公式サイト / 日本の代理店から購入する方法

>>> Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の設定・使い方まとめ - ちびくじらの得する生活

  

Ledger Nano S(レジャーナノ・S)からbitbank(ビットバンク)にXRP(リップル)を送金する手順まとめ

以下の手順通りに対応したところ、送金は成功しました。

 

bitbankの宛先タグ・XRP預入アドレスのコピーする

①bitbankのユーザーアイコンから「入出金」をクリックします。

bitbank-deposit-click

  

 

②リップルの「入出金」をクリックします。

bitbank-click-deposit-again

 

 

③以下の「①:宛先タグ」と「②:リップル預入用アドレス」をコピーします。

bitbank-copy-xrp-address-tag;

 

 

Ledger Nano SからbitbankへXRP(リップル)を送金する 

①Ladger Wallet Rippleを開きます。*MacはLaunchpadより

 

Ledger Nano S接続前

ledger-wallet-ripple-launch

 

 

②RippleのWalletアプリを起動するために、Rippleのロゴ画面で、左右のボタンを押します。

ledger-nano-s-decide

*注意:管理人が接続エラーになったときは、アプリを再起動、または、Ledger Nano Sの再起動を行うと接続ができました。 

 

 

③"Use wallet to view accounts" の画面に行くと、Ledger wallet Rippleのアプリが開きます。

ledger-wallet-ripple-launch-with-ledger-nano-s

 

 

 ④画面が起動したら、送金のマーク(↑)をクリックします。

ledger-nano-s-click-send-mark

 

 

 ⑤送金画面が開いたら、画面左下の「ADVANCED MODE」をクリックします。

ledger-nano-s-click-advanced-mode

 

 

⑥次に、FEES(送金手数料)を変更します。最小単位の10 drops(0.00001XRP) で送ると数日間かかることもあるので、取引所で共通して使われている、150,000 drops( 0.15XRP)を設定します。

設定前

ledger-nano-s-drops

 

 

設定後 

ledger-nano-s-change-drops 

 

 

⑦「RECIPIENT ADDRESS」にbitbankのXRP預入アドレス、「TAG」に宛先タグをコピペして、「SEND」をクリックします。 *手入力はミスをしますので必ずコピペしましょう。

ledger-nano-s-paste-bitbank-xrp-address-tag

 

 

⑧最後に、本体画面に、「Confirm transaction」と表示され、宛先タグ、宛先アドレス、送金手数料が画面に表示されます。もう一度確認をして、右のボタンを押します。

ledger-nano-s-confirm-transaction

 

 

手数料:0.15 XRP

ledger-nano-s-confirm-fee

 

 

⑨ 送金が成功すると、以下の通り、「Transaction Completed」と表示されます。

ledger-nano-s-transaction-completed

 

 

*失敗をすると、以下の"Transaction Failed"とエラー画面が表示されます。接続されているか、デバイス側の確認作業ができているかを確認してください。

ledger-nano-s-transaction-failed

 

 

⑩ホーム画面に戻ると、LAST OPERATIONS欄に履歴が表示されます。

ledger-nano-s-log

 

 

⑪bitbankに到着すると、メールが送付されて着金が完了です。

bitbank-mail-deposit-xrp

 

 

まとめ

以上が、送金手順となります。また、読者さんの大切なXRP(リップル)を預けることになるbitbankの安全性・評判・使い方などを以下に記載していますので、参考にしてみてください。 

www.chibikujira.com

 

また、繰り返しになりますが、10万以上のXRPを購入している方は、できればこの機会にハードウェアウォレットを購入した方が良いかなと思います。コインチェックの事件の被害に遭って、管理人は Ledger Nano S (*) を購入して分散保管しています。もうあの辛いことは体験したくないですよね。

*補足:XRP(リップル)は対応しています。リンク先は日本唯一の正規代理店です。設定でつまずくところも日本語サポートがあるので便利です。購入方法と設定手順については、以下の記事にそれぞれまとめていますので参考にしてみてください。

>>> ハードウェアウォレット Ledger Nano S を公式サイト / 日本の代理店から購入する方法

>>> Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の設定・使い方まとめ - ちびくじらの得する生活

Ledger Nano Sが高くて悩んでいる方は、XRPの取り扱いのある取引所を複数開いて分散保管できますので、この機会にリスク対策をしておくことをオススメします。 

 

*参考:XRPの取り扱いがある取引所

BITPOINT

BITPOINTの登録・口座開設

 

>>BITPoint(ビットポイント)の簡単登録はコチラ⇒

>>BITPoint(ビットポイント)の登録手順を確認する

 

 

 

GMOコイン

gmo-coin

 

>> GMOコインの簡単登録はコチラ⇒

>> GMOコインの登録手順を確認する

   

 

 

BitTrade(ビットトレード)

BitTrade

 

>> ビットトレード(BitTrade)の簡単登録はコチラ⇒

>> ビットトレード(BitTrade)の口座登録手順を確認する

 

 

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

 

>>QUOINEX(コインエクスチェンジ)の簡単登録はコチラ⇒ 

*最大23,000円相当のQASHがもらえる新規口座開設キャンペーン開催中!
2018年10月17日〜11月16日まで!

>>QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座登録手順を確認する

 

 

 

bitbank

bitbank-top

 

>>bitbank(ビットバンク)の簡単登録はコチラ⇒ 

>>bitbank(ビットバンク)の口座登録手順を確認する