ちびくじらの得する生活

仮想通貨のトレーダーがブダペストから情報を発信するブログ


bitbank(ビットバンク)の評判・手数料・使い方完全マニュアル

bitbank-top

 

こんにちは、XRP(リップル)全力投資中のちびくじらです。

 アルトコインのETH(イーサリアム、)XRP、LTCをCoincheckで購入するときは、手数料が高くて困りますよね?Coincheckを使って短期で売買をしているとボロ負けしてしまいますよね。

この問題を解決する方法として、bitbank(ビットバンク)があります。bitbankの最大のメリットは、取引手数料が板取引のため、手数料がほぼ無料な点です。


更に、2018/6/30までキャンペーン中なので、全ペア取引手数料無料で購入できますので、XRP、MONA、ETH、LTCを購入するのであれば、bitbankでの購入をしたほうが有利です。もちろん、管理人は短期売買をやってますので、手数料無料は魅力でbitbankをメインで使っています。

 

そこで、このページでは、

▶bitbankへの登録を検討している人
▶bitbankを利用している人

に向けて、

▶bitbankの評判(メリット・デメリット)
▶bitbankの全般的な使い方

について、普段からbitbankを利用している管理人が詳しく説明したいと思います。

 

 

bitbankの評判について 

Twitterの口コミ

まず、Twitterの口コミを紹介します。

 

良い口コミ

 

 

 

 

悪い口コミ

 

 

 

 

Twitterは色んな人の意見があるので、1つの情報として考えてもらえればと思います。

 

 >>bitbank(ビットバンク)の口座を無料で登録する

 

bitbankの会社情報

次に、基本的な会社の情報について確認しましょう。

社名:ビットバンク株式会社

住所:東京都品川区西五反田7丁目20−9 KDX西五反田ビル7F

設立:2014年5月

資本金:11億3100万円(資本準備金含む)

免許:関東財務局長(仮想通貨交換業者)登録番号 第00004号

ポイントは、設立も古く、資本金が11億3100万円で免許もあるので、安心できる取引所だと判断して、管理人は使用しています。

 

取り扱い銘柄

取り扱い銘柄は、円建てとBTC建ての2つがあり、銘柄は次の通りです。正直、Bitcoin、BitFlyer、Zaifに比べると銘柄は少ないです。

 

円建て
・BTC(ビットコイン)
・XRP(リップル)
・LTC(ライトコイン)
・ETC(イーサリアム)
・MONA(モナーコイン)
・BCC(ビットコインキャッシュ)

BTC建て
・LTC(ライトコイン)
・ETC(イーサリアム)
・MONA(モナーコイン)
・BCC(ビットコインキャッシュ)

 

 

bitbank(ビットバンク)とZaifの比較

Zaifとbitbankを比較したときに、大きなポイントは、XRP(リップル)とNEM(ネム)があるかどうかです。

 bitbank=XRP
 Zaif=NEM

という形で上手く棲み分けができています。

 

 >>bitbank(ビットバンク)の口座を無料で登録する

bitbankのメリット

次に、bitbankのメリットは5つあります。こちらのメリットは、管理人が他の国内取引所と海外取引所を使用して感じた内容を記入しています。

 

アルトコインの板取引ができ手数料が格安・スプレッドが狭い

XRP、MONA、LTC、ETH(イーサリアム)を板取引で購入できるので、BitFlyer、Coincheckを利用する人よりも安く購入することができます。この情報を知っているかどうかで、大きな差になりますので注意してください。

*繰り返しになりますが、2018/6/30まで 取引手数料無料です。

 

安全性がある(Coincheckとの比較)

bitbankですが、知名度の低さから大丈夫なの?怪しくないの?と思う人がいるかもしれません。ですが、以下の情報を判断するとイメージが変わります。

 資本金:11億3100万円 *Coincheckの資本金9,200万円の10倍以上
 金融庁の認可:あり  *Coincheckは認可なし(申請中)

つまり、資本的にも免許的にも安定した運営をしているということです。


指値注文ができる

bitbankの特徴が、板取引で指値注文ができることです。暴落時に注文を入れることができれば、めちゃくちゃ安い金額で購入することができます。1/17の最安値は50円ですから、ここで拾うことができれば最高ですね。Coincheckの成行注文だとまず入りませんからね。

 

▶1/17の暴落時の最安値:50円

bitbank-chart-2018/1/17

 


XRPの送金ミスを防げる

XRPの送金時に、システムかスタッフが宛先タグの確認をしているので、宛先タグがない場合は、強制的に送金をキャンセルすることがある、というめちゃくちゃ優しい取引所なんですよね。中国の取引所のBinanceは宛先タグの入力を忘れるとリカバリできなくて、自己責任ですからね。この点があるだけでも違います。

 

bitbank-check-soukin-tag

 

 

取引手数料無料のキャンペーンがある

定期的にキャンペーンをやっていて本当にオトクです。今は、2018/3/31まで全ペア取引手数料無料のキャンペーン中ですね。アルトコインの取り引きを多めにする人は、使ったほうがよいです。

 

 >>bitbank(ビットバンク)の口座を無料で登録する


bitbankのデメリット

次に、デメリット5つと管理人の見解を説明します。

サーバーが停止したことがある

次のbitbankの公式Twitterの通り、サーバーが停止して、取り引きの注文ができなかったことがあります。もちろん、このタイミングで注文のキャンセル・損切りができないので短期売買をしている人は損害が出たはずですね。 

 

ただ、 国内取引所ではサーバーが安定しているところは、まずないんですよね。BitFlyerも、1/23、24は不安定でしたし、仮想通貨をする人が増えているのでシステムが安定しているかどうかは問題ですが、取引所は100%取り引きができると考えるのではなく、不安定なものという前提で取り引きをしたほうがよいです。

管理人は、長期投資のスタイルなので、この点は大丈夫ですが、Twitterのリプ欄がひどいので、大変だなと思います。

 

取り扱い銘柄が少ない(NEMがない)

今後、増えると思いますが、取り扱いの銘柄が少ないです。もちろん、草コインもありませんし、BTC、BCC、XRP、LTC、MONA、ETCの6銘柄のみです。これは、金融庁の認可を受けている所は銘柄が少ないので仕方がないです。匿名通貨だとマネーロンダリングされちゃいますしね。将来的に銘柄が増えることを期待しています。

 

クイック入金・コンビニ入金がない *対策可能

急遽、暴落だったり、暴騰しているタイミングで買い増しをしたいことがありますよね。管理人は、Coincheckのクイック入金でしか入金したことないのですが、bitbankはクイック入金・コンビニ入金がないんですよね。

このタイミングで速攻で買い増しするという選択肢がないのが痛いのですが、対応としては、住信SBIネット銀行を利用することです。同じ銀行同士だと24時間365日リアルタイムで反映することができるので問題ないです。口座がない人は今すぐ作ったほうが良いです。

 

土日の入金ができない  *対策可能

こちらも、自身が住信SBIネット銀行を利用すれば24時間365日リアルタイムで反映することができるので大丈夫です。

 

注文が入りにくい(板が薄い)

板取引ですが、他の取引所に比べると取引量が少ないため、なかなか注文が入らないということがあります。管理人のように、数十万円の注文は簡単に入っていました。もし、沢山の金額をデイトレで売買したい。そういった場合は、より中国最大の取引所であるBinanceを検討した方が良いです。

 

*2018/2/9追記 

1時間あたりのXRP取引量が世界一になったというツイートがありました。注文が入りにくいという問題は解消されているようです。管理人も、デイトレで毎日使っていますが、注文が入らなくて困ったことはありません。

 

 

bitbankの使い方

次に、bitbankの使い方を説明していきます。 

登録方法・2段階認証の設定

別の記事で説明をしていますので、こちらを確認してください。

 

 >>bitbank(ビットバンク)の口座を無料で登録する

www.chibikujira.com

 

日本円の入金方法

左メニューの「入出金」>日本円の「入出金」をクリックすると、次の画面になります。ここで、振込先の入金口座を確認して振り込みます。*振り込むときは、入金番号を忘れないようにしてください。忘れた場合は、メールを送信しましょう。

bitbank-deposit-yen

 

入金が反映されるタイミング

住信SBI銀行であれば、ほぼリアルタイム、他の銀行であれば、午前9時以降順次反映されます。

 

提携銀行・住信SBI銀行について

住信SBI銀行は、今後、日本で開設されるSBI VCでも必要になる可能性が高いので、今すぐ作っておいたほうがよいです。

 

 

注文方法・買い方・板の見方

キャプチャーしたものをもとに説明をします。他の取引所と大差ないです。

bitbank-chart

チャートの見方

上部で、時間足を変更することができます。

板の見方

画面右側に、売り板と買い板があります。ここの数字を見て、現在の取り引きの価格を確認していきます。

指値で注文する方法

①画面右上に、「指値」・「成行」と設定できる箇所があるので、「指値」を選択、「買い」・「売り」を選択 、「価格」・「数量」を入力したら、「予想」に購入金額が表示されます。

②購入金額を確認して、「注文」をクリックします。

③このタイミングで、確認画面が表示される(*省略可能)ので、確認をクリックすると注文完了です。

注文をキャンセルする方法

画面下に、注文内容が表示され、決済前であれば、「キャンセル」欄に「キャンセル」ボタンが表示され、クリックすると注文をキャンセルできます。

移動平均線の設定

画面上部にインディケータがあるので、そこからチャートに各データを追加することができます。*追加は都度必要になるため注意してください。

bitbank-chart-idouheikinsen

 

 >>bitbank(ビットバンク)の口座を無料で登録する

 

bitbankに仮想通貨を入金する方法

bitbankへの入金については、以下の記事を参考にしてください。

 

▶XRPの送金(Coincheck → bitbank )

www.chibikujira.com

 

▶XRPの送金(Binance → bitbank )

www.chibikujira.com

 

▶MONAの送金( BitFlyer→bitbank)

www.chibikujira.com

 

 

bitbankから仮想通貨を送金する方法

▶XRPの送金(bitbank → GMOコイン )

www.chibikujira.com

 

▶XRPの送金(bitbank → Binance)

www.chibikujira.com

 

 

クレジットカードでの購入

bitbankでは、クレジットカードの購入の取り扱いがありません。今後追加されるかもしれませんね。

 

 

スマホアプリ(iPhone, Android)

現在、スマホアプリはリリースされていません。将来的には出てくると思います。

 

bitbank Tradeとの違いとFX(レバレッジ)について

こちらの説明は、bitbank ccになりますが、bitbank Tradeと呼ばれるものがあります。大きな違いは、FX、レバレッジの取り引きができるかどうかです。bitbankでFXを利用したいのであれば、bitbank Tradeを利用しましょう。

出金方法

左メニューの「入出金」>日本円の「入出金」 > 銀行口座、出金数量を指定して「出金内容を確認」をクリックします。2段階認証のコードを入力して、確認をクリックすると出金手続きは完了です。

f:id:chibikujira:20180126060836p:plain

 

 

メールアドレスの変更

メールアドレスの変更はサイト内からできません。別途、お問い合わせから連絡をして、身分証明書を提出をして変更をしてもらえます。

 

口座開設キャンペーン

DMM.comでは、口座開設をすると、1,000円プレゼントキャンペーンがありますが、bitbankではありませんので、注意をしてください。

 

紹介プログラム

サイトから直接の紹介プログラムはありません。

 

2段階認証でログインができない場合の対処法

2段階認証でログインができない場合、お問い合わせからメールで連絡をします。そのときに、身分証明書の提出が必要になるので注意してください。

 

まとめ

以上が、bitbankの評判と口コミ・全体的な使い方になります。こちらの記事を参考にして、bitbankを使って、手数料をオトクにして仮想通貨を購入してもらえればと思います。以下の記事に、登録方法をまとめていますので参考にしてみてください。

 

 >>bitbank(ビットバンク)の口座を無料で登録する

www.chibikujira.com