ちびくじらの得する生活

IT・海外・お金・キングダム好きが得する情報を紹介するブログ


キングダムネタバレ 昌平君ラスボス説について

スポンサーリンク


f:id:chibikujira:20171009012001j:plain

*キングダムより

キングダムの作中、昌平君は、李牧も認めるほどの軍師として知られ、
作中では、合従軍との戦いの策を考えだし、政の左腕とも言える文官。
知力は李牧級、武力は蒙武級だと表現をしている。

この昌平君が史実によると、秦を裏切ることになる。
その背景や流れを確認し、キングダムの話の流れを考察していきたい。

 

 

史実から昌平君がラスボスになる説

史実では昌平君が楚王になる

f:id:chibikujira:20171009011225j:plain
*キングダムより

 

この、昌平君だが史実によると、中華統一に向けて最後の楚を攻めようとする前に、楚の大将軍項燕が楚の王族である昌平君を連れてくることとなる。

秦で文官として活躍している昌平君がまさか秦を裏切ることになるとは誰もが思わないはずだが、史実では楚王として即位し秦と対峙することになる。

 

昌平君と戦う秦の将軍

信の敗北

f:id:chibikujira:20171009011343j:plain

*キングダムより

史実では、昌平君と戦うにあたり、政は王翦と信に必要な兵力を聞いた。
王翦は60万人、信は20万人の兵力が必要だと答える。

政は老兵となった王翦ではなく、信に総大将、副将に蒙恬を置き、
楚を攻めることとなる。だが、このときに、楚の大将軍項燕に大敗してしまう。

 

王翦の進軍

f:id:chibikujira:20171008172145j:plain

*キングダムより

この結果を受けた政は、王翦に総大将としての出撃を頼み込み、
王翦はそれを快諾、蒙武と共に楚を60万人の軍勢で攻め滅ぼすことになる。

 

項燕と項羽

ちなみに、余談であるが、ここで出てくる項燕は、秦の次の時代「項羽と劉邦」の項羽の祖父にあたり、項羽がきっかけでできた"四面楚歌"という四字熟語の"楚"は、秦が攻め滅ぼした楚と同一の意味である。

 

キングダムでの楚王昌平君との戦いについて

f:id:chibikujira:20171009011046j:plain

*キングダムより

おそらく、史実の通りのままで行くと、飛信軍は項燕との戦いの中で惨敗することになるので、羌瘣もしくは、河了貂が討ちじにとなる悲しい展開が予想される。

また、今まで秦を支えてきた昌平君が相手となるので、
秦の手の内を知り尽くした、非常に厄介な相手だといえる。
その戦いはもはや死闘そのものだといえ、ラスボスとして不足はないはずだろう。

最後の戦いが非常に楽しみである。

 

キングダムネタバレ考察記事

 

www.chibikujira.com

 

www.chibikujira.com

 

www.chibikujira.com

 

www.chibikujira.com

 

*名シーンまとめ

www.chibikujira.com

www.chibikujira.com

www.chibikujira.com

 

www.chibikujira.com


www.chibikujira.com

 

www.chibikujira.com

 



キングダム 1-47巻セット【特典:透明ブックカバー巻数分付き】