ちびくじらの得する生活

元スロッターSEがブダペストから仮想通貨の情報を発信するブログ


引っ越しでクロスバイクを送るときの作業内容とオススメ業者について

f:id:chibikujira:20171224212448p:plain

 

こんにちは、ちびくじらです。

引っ越しのときに、クロスバイクだけを送りたいときってありますよね?ということで、このページでは、管理人が実際に西濃運輸で送ったときに利用したときの作業と費用について説明をしていきます。

 

 

引っ越しでクロスバイクを送るときの作業内容と費用について

クロスバイクを送るときの作業内容

早速ですが、引っ越しでクロスバイクを送るときの作業内容について詳しく説明していきます。

 

▶西濃運輸でダンボールと宅配便の注文

▶ダンボールの受け取り

▶クロスバイクの梱包

▶宅配日の調整

▶配達について

 

管理人が使っていたクロスバイクについて

まず、管理人が使用していたクロスバイクは、「2013 giant Cross」というモデルです。大きいタイプになるかと思います。価格は42,000円で、おそらく円高だったため安く購入できました。

今まで使ってきたクロスバイクを処分するってできませんよね?なので、引っ越すにあたって自転車送付サービスを調べました。

 

f:id:chibikujira:20171224211931p:plain

*Giant HPより

 

西濃運輸でダンボールと宅配便の注文

そうして、引っ越しにあたって、どうやって送るか色々考えるわけです。総合的に考えて、ダンボールがあって、大手の会社、費用的な面では他社とあまり変わらないという点から、西濃運輸のカンガルー自転車輸送便を使いました。



▶カンガルー自転車イベント便 

f:id:chibikujira:20171224212448p:plain

 

▶カンガルー自転車イベント便 (注文の流れ)

f:id:chibikujira:20171224212638p:plain

→料金も、税込み7,750円と安いことがわかります。あとは、大手というところで安心しますよね。そうして、サイトから注文をすることにしました。

 

*注意点

ここでの支払いはクレジットカードになるわけですが、もしクレジットカードがないという人は、クレジットカードの支払いができる発行費・手数料無料のプリペイドカードもあるのでNEO MONEY (VISA)キャッシュパスポート (NEO MONEY)、といった無料のカードを使うといいです。急ぎであれば、Vプリカというネット上で管理するタイプのプリペイドカードもあります。

ダンボールの受け取り

そうして、注文をするとまず先にダンボールを送ってもらいます。かなり大きいです。

 

 

クロスバイクの梱包

 そうして、クラスバイクを梱包していくわけです。ここで、問題が出てくるわけですが、近くのボッタクリの自転車屋に頼むと5000円と言われたので、それは自分でやったほうがよいわけです。

というわけで、自転車に梱包します。そこで、近くのダイソーで以下の部品を念のために購入しました。

▶六角レンチ

▶ボルト

▶ペンチ

▶潤滑油

入れ方としては、車輪の前輪を外して、ハンドルはギリギリ入ったので分解しないで入れることができました。車輪の前輪の外し方は、色んなサイトがあるので、参考にしてやってみるとすぐにできます。

注意点としては、前輪を抜いたあとの前輪部分が尖っているので、そこに緩衝材を敷いて、ダンボールが送られてきたときの緩衝材を使って全体的に緩衝材を敷き詰めました。

f:id:chibikujira:20171224213940j:plain

 

ここのクロスバイクの分解で困ったことは、特にありませんでしたね。1つ伝えるとすれば、管理人は素手でやっていたので、手袋(軍手)を使用して作業をしたほうがよいです。あとは、ハンドルを外さないでギリギリダンボールが膨らむ形で詰めて若干心配に思っていたのですが、無理やり詰め込んで送ると全然大丈夫でした。

あとは、結束バンドの使い方がそのとき分からなかったので、その結束バンドで最後梱包するという箇所で苦戦しました。ここについても、ネットで調べるとすぐに締め方がでてくるので応用してみるといいかもしれません。

 

宅配日の調整

梱包と並行して、宅配日の調整をしました。ここでは、担当の配達会社から連絡があり、 自転車の引き取り日を調整していきます。なかなか配達会社から連絡が来なかったので、若干不安に感じていたことを覚えています。ですが、ちゃんと連絡があって、日時の調整をできたので良かったです。

 

配達と受け取りについて

 そうして、配達員に梱包したダンボールを渡します。ここでは、配達員に渡すときに大きな荷物で若干申し訳ないなーと思いました。そうして、引っ越しが終わると、送り先で自転車を受け取ります。送ってから受け取るまで10日前後かかったのを覚えています。意外に時間がかかっていたのを思い出します。

 

クロスバイクを送付した感想

ふだん、クロスバイクに乗るけど分解をしたことがないという人も中にはいると思います。ですが、意外にやってみると、クロスバイクってそこまで難しくないですし、特に気後れすることもなく淡々と作業ができました。なので、これから引っ越しでクロスバイクを送る予定がある人は、この西濃運輸のサービスを利用してみると良いかもしれませんね。 

ただ、送付して受け取るまでの期間が他の配達サービスに比べると非常に長いんですよね。この長いあいだは、家では自転車が使えないのでとても不便に感じました。ですが、こういったサービスがないと処分しないといけないため、有意義なサービスだなと感じました。というわけで、引っ越しでクロスバイクを送るときは西濃運輸をオススメします。価格的にも8千円くらいですしね。新しく自転車を買うと高いですし。

 

クロスバイクのその後

そうして、クロスバイクを送付することになったのですが、数カ月後にヨーロッパに移住することになりました。そこでは、クロスバイクが便利だと思ったのですが、海外に運ぶのが難しいと判断して、クロスバイクは弟にゆずることにしました。

 

引っ越しを検討している人向けの情報

最後に、引っ越しを今検討している方は、引っ越し業者から一括見積もりができる無料サービスがお得なので参考にしてみてください。

 

 

 

引っ越しを検討している人向けの情報

最後に、引っ越し業者を検討しているという方は、引っ越し業者から一括見積もりができる無料サービスを使うと効率的に最安の業者を探すことができますので参考にしてみてください。

 

※あわせて読みたい引越しのTIPS


▶本を電子書籍にするための手順と費用について

www.chibikujira.com

 

▶UR賃貸のメリット・デメリットまとめ

www.chibikujira.com

 

▶エアコン無料回収のオススメ業者について

www.chibikujira.com

 

▶UR賃貸の敷金返還の査定で損しないための情報

www.chibikujira.com