ちびくじらの得する生活

仮想通貨・FXの勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ

Coincheck(コインチェック)からbitFlyer(ビットフライヤー)にETC(イーサリアム クラシック)を送金する手順まとめ

bitFlyer-top
 

仮想通貨投資中のちびくじら(@chibikujira_777)です。

ETCを運用している人はCoincheckからBitFlyerにETC(イーサリアム クラシック)を送金をする機会があると思います。BitFlyerは三菱東京UFJキャピタルが株主なため、安心ですしね。また、BitFlyerを利用すると安全に通貨を管理できることが大きな特徴ですね。  

このページでは、

▶Coincheck(コインチェック)からBitFlyer(ビットフライヤー)に送金する予定の人

に向けて、

▶送金ミスをしないために、実際に送金を成功したときの手順

について、詳しく説明しています。 

[*2018/5/7:追記] 

10万以上のETCを購入している方は、できればこの機会にハードウェアウォレットを購入した方が良いかなと思います。コインチェックの事件の被害に遭って、管理人は Ledger Nano S (*) を購入して分散保管しています。もうあの辛いことは体験したくないですよね。ハードウェアウォレットを使用したほうが良い理由は次のページに詳しくまとめています。

>>> 仮想通貨(ビットコイン)をハードウェアウォレットで保管するべき5つの理由【総まとめ】

*補足:Ledger Nano SはETC(イーサリアムクラシック)に対応しています。リンク先は日本唯一の正規代理店です。設定でつまずくところも日本語サポートがあるので便利です。購入方法と設定手順については、以下の記事にそれぞれまとめていますので参考にしてみてください。

>>> ハードウェアウォレット Ledger Nano S を公式サイト / 日本の代理店から購入する方法

>>> Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の設定・使い方まとめ - ちびくじらの得する生活

 

 

ETC(イーサリアム クラシック)の送金手順

CoincheckからbitFlyerにETCを送る手順を以下にまとめています。また、手順では、ETH(イーサリアム)と間違えないように注意してください。 

 

ETCの預入用アドレスのコピー 

①bitFlyerにログインをして、左メニューの「入出金」をクリック、右画面の「入出金」から「ETCお預入」をクリックします。

f:id:chibikujira:20180127222211p:plain

 

 

②イーサリアム クラシック預入用アドレスが表示されるので、コピーをします。

f:id:chibikujira:20180127222224p:plain

 

 

 

 

Coincheckからの送金

①Coincheckにログインをして、「入金」をクリックします。

bitFlyer-deposit-btc

 

 

 

②左メニューの「コインを送る」>「Ethereumを送る」から、「送金リストの編集」をクリックします。

 

「新規ラベル(任意)」を入力し、「BitFlyerのETC預入アドレス」に先程コピーしたアドレスを貼り付け(*)、送付数量を入力して、「送信する」をクリックします。*コピペしたあとは、必ず声に出して指差し確認を3回以上しましょう。

f:id:chibikujira:20180127222247p:plain

 

 

 

③画面上部に、確認画面がでてくるので、もう一度確認して内容に問題がないようでしたら、「OK」をクリックします。*ここでもう一度、必ず声に出して指差し確認をしましょう。

f:id:chibikujira:20180127201445p:plain

 

 

 

 

④OKボタンを押すと、2段階認証の画面が表示されます。*設定していない人は必ず設定しましょう。 

coincheck-google-auth

 

 

 

⑤送信が完了すると、「コインを送る」画面に戻り、「送信しました」というポップアップが表示されます。

 

 

 

⑥送金完了すると、bitFlyerからメールが送付されます。
*管理人の場合は、5分程度で着金しました。

 

以上が、送金手順となります。また、読者さんの貴重なETC(イーサリアムクラシック)を預けることになるbitFlyerの安全性・評判・使い方などを以下に記載していますので、参考にしてみてください。

www.chibikujira.com

 

まとめ

以上が、送金手順になりますが、ETCを送金するときは送金アドレスに不備、送金ミスにならないように注意しましょう。

また、繰り返しになりますが、10万以上のETCを購入している方は、できればこの機会にハードウェアウォレットを購入した方が良いかなと思います。コインチェックの事件の被害に遭って、管理人は Ledger Nano S (*) を購入して分散保管しています。もうあの辛いことは体験したくないですよね。

*補足:ETC(イーサリアム・クラシック)は対応しています。リンク先は日本唯一の正規代理店です。設定でつまずくところも日本語サポートがあるので便利です。購入方法と設定手順については、以下の記事にそれぞれまとめていますので参考にしてみてください。

>>> ハードウェアウォレット Ledger Nano S を公式サイト / 日本の代理店から購入する方法

>>> Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の設定・使い方まとめ - ちびくじらの得する生活