ちびくじらの得する生活

仮想通貨の勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ


Zaif(ザイフ)は詐欺サイトで出金できないのか!?【徹底検証】

Zaif(ザイフ)の口座開設・登録する

 

こんにちは、ちびくじらです。
仮想通貨(ビットコイン)でZaifを検討している人、Zaifにコインを保管している人の中には、

Zaifは業務改善命令の行政処分があって詐欺なの?出金できないの? 

と不安に思う方がいると思います。 そこで、こちらのページでは、

▶Zaifから日本円の出金方法
▶Zaifで仮想通貨の不正出金のニュース
▶Zaifで仮想通貨を出金できないときの対応方法

▶ネット上の生々しい評判

についてまとめましたので、参考にしてみてください。 

また、Zaifから日本円を出金する手順については次のページの下部にまとめています。参考にしてみてください。

www.chibikujira.com

 

 

Zaif(ザイフ)は詐欺サイトで出金できないのか徹底的に調べてみた

結論は、Zaifは詐欺サイトではなく日本円・仮想通貨の出金は出来ます。出金ができなかった理由は、コインチェックの事件後に顧客保護のため出金できないように設定を変更したためです。設定を変更すれば出金ができるようになります。

また、現在、金融庁が業務改善命令を出していますが、今後改善が見込まれ、将来性もある取引所だと考えています。

*情報:Zaifの口座開設は1ヶ月以上時間がかかります。市場が回復する前に準備だけでもしておきたいです。 

>>> Zaif(ザイフ)の口座を無料で登録する⇒ 

Zaif(ザイフ)不正出金のニュースについて

まず、Zaifの不正出金のニュースについて知っておきたいです。こちらは、1月10日に報じられた不正出金の対応のニュースです。ZaifのAPIキーを利用され不正出金がされたというニュースです。

>>> 1月6日から7日未明にかけて発生したAPIキーの不正利用、および1月9日に報告された不正アクセスおよび不正出金に関するご報告 | Zaif Exchange

Zaifはこちらの事実を認め補償をして対応が完了しています。今は、出金についてセキュリティが強化されています。

Zaifを使用される方は、次の点を注意してください。 

Zaifを利用するのであれば、肝に銘じておきたいこと

コインチェックの事件後、金融庁が環境整備を行っているためZaifの環境は大分よくなってきていますが、セキュリティについてはパスワードを強固にして、2段階認証の設定をすることが重要です。

また、管理人自体は、Zaifを利用しないのかと言われると、Zaifは利用しています。このページの中では悪い評判も書いていますが、そういったリスクを知った上で取引所を選んでほしいと考えています。ちなみに、ZaifでZaifトークンとCOMSAトークンをガチホしています。ここで上げたリスクを受け止めたうえで投資をしています。

ちなみにこのZaifですが、リスクがあっても、みんな使う理由が2つあります。それは大きなチャンスと手数料が格安な点ですね。

Zaifは儲けるチャンスがある

急騰する可能性のあるNEM、XCP、Zaifトークン、COMSAトークンを板取引で扱える国内取引所は、Zaifだけです。MONAは2018/1/17〜20にかけて100%(2倍に)上がってますしね。

Zaifは手数料が安く勝ちやすい

Zaifはマイナス手数料という取り引きをすれば仮想通貨を貰えるというサービスを導入している日本唯一の取引所です。bitbankと同程度の手数料の安さです。手数料が安いと稼ぎやすいということが1番大きいですね。

「上がる銘柄が多い」・「手数料が安く勝ちやすい」という2つのメリットがあるので、リスクを分かった上で投資をするのであればZaifはオススメです。もちろん、リスクを減らすためにセキュリティは万全の体制にして臨んだほうが良いです。

以下は、Zaifの登録手順をまとめたものです。参考にしてみてください。

>>> Zaif(ザイフ)の口座を無料で登録する⇒ 

www.chibikujira.com

 

家族・親しい友人にZaifを進めるか?と言うと、上記のメリット・デメリットの情報を提示して判断してもらいますね。他のブロガーで進めている人がいますが、デメリットを提示していないのでクソなやつばかりですね。そういう人が、善人面した腹黒証券マンになれる人だと思います。

それを鵜呑みにしてやってハッキングされて喚いても、その人の責任ですからね。スロットでも、台に八つ当たりしてる人がどこにでもいますが、マジで同類ですよね。金をかけて人生かけて勝負してる鉄火場に裸で行くのは死にますから。

もし、リスクを取りたくない方に勧める取引所MUFJ銀行グループの三菱UFJキャピタルから出資を受けている bitFlyer 、一部上場企業のGMOインターネットが運営するGMOコインが一番こういった安全性のリスクは少ないので、そちらを進めますね。アルトコインの販売手数料は高いですけど、その分安全に運用・出金ができます。

ちなみに管理人が、海外取引所のYobitを利用していて、Twitter上で引き出せなくなったというデマが出てくると、パニックになりましたね。数万円でも精神的にかなり疲れますし、何百万、何千万円という単位になると悔やんでも悔やみきれませんからね。

こちら側としては、最悪の事態、つまり、倒産であったり、2重認証設定をしていてもハッキングされたりといったリスクを想定して、Ledger nano S (*)を購入しましたし、取引所を複数開設して、それぞれの取引所に分散して保管しています。 

 

次に、Zaifで仮想通貨を出金するときの新規宛先アドレスに出金・送金する方法について説明をします。

新規宛先アドレスに出金・送金できない件

コインチェックの事件が起こった後すぐに、Zaifでは新規宛先アドレスに送金ができないという事態が発生しました。一言で言うとハッキング対策のためです。こちらは、次の対応をすることで送れるようになります。

①2段階認証の設定をする。
②出金先アドレスの制限解除の設定をする

この対応で、新規アドレスに仮想通貨を送れるようになりますので安心してください。以下に手順をまとめています。

 

[手順:モナコインの例]

①準備:Zaifの2段階認証の設定が必要になります。設定していない方は設定をしてください。以下の記事を参考にしてみてください。

>> 仮想通貨取引所の2段階認証のセキュリティ設定とバックアップについて

 

 

②2段階認証の設定が終わったら、「入出金と履歴」からモナコインを選択して、「出金先アドレスの管理へ」をクリックします。

zaif-mona-address

 

  

③次の画面に遷移するので、「出金先アドレスを制限する」のスライダーを右へスライドさせます。

zaif-address-seigen-kaijyo

 

 

④スライドさせると、2段階認証の設定画面がでます。Google Authなど認証アプリの数字を入力して送信をクリックします。

zaif-address-google-auth

 

 

⑤2段階認証の設定により、「出金先アドレスを制限しない」となり、新規アドレスへの送金ができるようになります。

zaif-unlock-kaijyo

 

その他(Zaifのトラブルとその対応方法について)

Zaifについて、安全かどうか心配されている方に向けて、その他Zaifの評判に関わる以下の件について、それぞれ説明をしていきます。

▶ Zaifの本人確認のハガキが遅い件について

▶ パスワードの再発行に時間がかかりログインできない

▶ 不正ログインされて勝手に出金された

▶ サーバーのアクセスが集中して取引ができない 

 

Zaifの本人確認のハガキが遅い件について

Zaifについては、まだハガキが到着していない人も多かったり、Twitter、2ch、ニュースに悪いニュースが出ていて不安になっている人がいるかもしれませんね。

まず、本人確認のハガキが遅い理由をもう1つ掘り下げて考えると、想定以上の申込みが殺到してしまい、サポート体制が整っていないためだと想定しています。 

サポート体制が回っていないということは、トラブルが発生したときに対応が後回しにされてしまう恐れがあります。

 

 

パスワードの再発行に時間がかかりログインできない

パスワードを忘れてログインできない場合は、パスワードの再発行の問い合わせを送る必要があります。ここでは、本人確認書類をメールで送ることになります。管理人が以前パスワードの再発行で連絡をしたときは、実際にメールを送っても、1週間経ってようやく返事がきました。暴落時にこの状況が起こったら、冷や汗モノです。注意しましょう!

 

不正ログインされて勝手に出金された

2chを見ていると2段階認証をしていない状況でハッキングされて出金されたということがあったようです。この内容を確認すると、会社のセキュリティの穴をつかれて出金されたと訴えていて、被害者はZaifにメールを送ったそうですが、返答メールはないそうです。

本当どうかわからないですが、もし、このケースにあたったときは、本当に諦めるしかないです。投資で一儲けをしようと思ったら、セキュリティは自分でしっかりと設定しないと、結果足を救われることが2ch上では分かります。このセキュリティをしっかりと設定するということは、銘柄を選ぶことと同様に重要なことです。

 

サーバーのアクセスが集中して取引ができない

サポート体制が悪いと言われているので、サーバーのアクセスが集中すると、板取引で注文が入らないことが多いという評判があります。ということなので、どこの取引所もあまり変わらないですが、暴落時に損切りをできないリスクがありますよね。BitFlyerもCoincheckもBitbankも暴落時にはこちらのリスクがありますね。

 

Zaifの5chの口コミについて

気になった書き込みを抽出しました。生々しい口コミが多いです。

46承認済み名無しさん2018/01/11(木) 00:09:11.81id:hHL+2cdk
金額によっちゃ倒産レベルの可能性あるよな
 
 
77承認済み名無しさん2018/01/11(木) 02:31:29.73id:XpqDl4Xl
ツイッター見たけど 
内部漏洩を疑われてるのに 
ユーザ啓蒙とか言い出して 
頭おかしいな
 

>>> Zaif(ザイフ)の口座を無料で登録する⇒ 

ZaifのTwitterの口コミについて 

Twitterの口コミも、これもまた生々しいです。こちらについては、3月8日の近畿財務局からの業務改善命令が出ているので今後改善されていくと考えています。

 

Zaifの評判を知って、管理人がとったリスク管理について

この、Zaifの件ですが、「火のないところに煙は立たない」といわれてますので、最悪の事態を想定したときに、以下の運用にするよう変更しました。

 

海外取引所には数万円単位で入金

Bainanceに50万円ほどのXRPを預けていましたが、草コインだけのこして、XRPをハードウェアウォレットに送金しました。将来的には、SBIの取引所ができたら、XRPを板取引できるはずなので、そちらで出金をします。

 

手数料を払ってでも安全性のあるところをメインで使う

最後に出金をするときは、資産の安全性を考えると、 bitFlyer 、GMOコイン、 bitbankの順で日本の取引所が安全で、安全性が高いところで日本円に替えて出金したほうが良いです。

管理人はXRPの保有が多いですが、将来、もしSBI銀行が取引所を開いて、そこでXRPの板取引ができると安全、かつ、最安で引き出せるので、そうなるといいなと考えています。高い確率でそうなると信じていますけどね。

 

まとめ

もちろん、管理人はZaifでZaifトークン、COMSAトークンを購入しているので、あまりマイナスなところを書くと損になるのですが、もし購入を検討しているのであれば、そこの裏側にあるリスクも織り込んでセキュリティ対策と出金の対策をしておいたほうが良いです。

>>> Zaif(ザイフ)の口座を無料で登録する⇒