ちびくじらの得する生活

IT・海外・お金・キングダム好きが得する情報を紹介するブログ


さくっとできちゃう!おすすめのモザイクWEBツールについて

スポンサーリンク


f:id:chibikujira:20171012190703p:plain

こんにちは、ちびくじらです。

今回は、写真でモザイク処理をさくっとしたいという場面があると思う。
そういう場面でサクッと使えるWEBツールを紹介したい。

 

 

おすすめのモザイクWEBツールについて

使ってみて、サクッと使えるモザイク処理ができるWEBツールは、「Privacy Image Editor(個人画像ディター&匿名化ツール:日本語版あり)」だ。これを使うことで、見せたくない資料にモザイクをかけてすぐにダウンロードすることができる。

早速説明していきたい。

Privacy Image Editorの使い方

f:id:chibikujira:20171012185507p:plain

www.facepixelizer.com

WEBツール使用の準備

・まず、画面右上に"日本語"を選択する。


WEBツールの操作説明

・[顔の検出]では、「モザイク」、「ぼかし」、「仮面」を選択できる。
 *「仮面」は、選択箇所を黒で塗りつぶす効果だ。

・[効果選択]は、「自動」と「手動」が選べるが、「手動」で作業をしたほうがよい。
 「自動」は、顔を認識して自動でうまく判別できないことが多いため、
  注意してほしい。

・「切り抜き」は、選択箇所をトリミングできる。

・「保存」では、加工したファイルをローカルPCへの保存ができる。

・使用できる画像は、jpgまたはpng形式の画像となる。

 

Privacy Image Editorの使用例

Privacy Image Editorを実際に使ってみたので確認してほしい。

・モデルさんがポッキーを加えている画像(ぱくたそさんのフリー素材)を、
 画面にドラッグ&ドロップをする。

 

f:id:chibikujira:20171012190228p:plain

 

・これに以下の手順でモザイク処理をかける。 

  1.  [Selection Effect(効果選択)]の「手動」を選択する。
  2.  [Blur(ぼかし)]を選択して、モザイクをかけたい範囲を選択する。
     *健全に、目にモザイクをかけた。
  3. モザイクがかかったら、「画像を保存」をクリックする。 

 たったこれだけだ。簡単だと思う。
 詳しい手順は、モザイクのWEBツールサイトを確認してみてほしい。

 

f:id:chibikujira:20171012190703p:plain

 

まとめ

以上が、無料のモザイクWEBツールの説明となる。
きちんとプライバシーを確保するために使えるツールなので、是非活用してみてほしい。