ちびくじらの得する生活

IT・海外・お金・キングダム好きが得する情報を紹介するブログ


海外のホテルでエレベーターに閉じ込められた時のたった2つの対処法

スポンサーリンク


f:id:chibikujira:20171208025907j:plain

 

こんにちは、ヨーロッパニートのちびくじらです。このブログでは、旅行のときに学んだTipsを書いていこうと思います。

 

それで、今回の題名は、"海外旅行でホテルのエレベーターに閉じ込められた時のたった2つの対処法"です。日本に住んでいると、エレベーターは故障しないものだと思っている人がほとんどだと思いますが、僕はこの経験が起きて考え方がクソ変わりましたので紹介したいと思います。

あとちなみに、自分がこの経験をしたのはタイのホテルなので、タイでは注意をしてくださいねーというお話ですね。

 

  

タイ旅行のホテルのレベルは中級

f:id:chibikujira:20171208030553p:plain

 

読者の中には、クソ安いホテルなんじゃないの?と思っている人もいると思いますが、そういうわけではなく、タイのホテルで3,000〜4,000円の価格帯で、まぁまぁーいいホテルなわけですよ。場所も、シーロムの近くなので立地もいいわけです。

高給ではないけど、安くもないというランク。2つ星から3つ星くらいで、冷蔵庫もあったり、毎日ミネラルウォーターが2本無料で飲めるくらいのレベルです。このくらいのレベルで事件が起こったたわけなのだ。

 

エレベーターに閉じ込められた事件

その当日は、フロントで鍵を受け取って、5Fまで行こうと思い、エレベーターをふと押すわけですよ。そうしていると、いきなりドスンって言って、光が消えるわけですよ。そのときは、焦りましたね。止まった階は4Fくらい、最悪、エレベーターが落下したら大怪我で最悪死ぬわけで。まぁー焦る焦る。

とりあえず、緊急時のボタンを押してみるが反応しない…

次に、どうすればいいかな?と考えると、とりあえず、助けてぇーと叫べばいいかなと考える。

そうして、タイのSIMが入った形態を取り出し、「たすけて タイ語」で検索をして、「チュアイ ドゥアイ」という言葉が、たすけてという言葉だとわかる。

これがわかると次に、「チュアイ ドゥアイ」と大声で叫び、エレベーターのドアをドンドンドンドンと叩き続ける。そうすると、2,3分もたつとホテルのスタッフが気づき、それから15〜20分たってから電気が復旧して1階にエレベーターが戻ることになる。

そのあと、とりあえず、ホテルの部屋がある5Fまで行き、10分ほど落ち着いてみて、どうしようか考えてみる。「これ、クレームいっていいんじゃない?」と考える。

とりあえず、ダメならダメになったでなにもないけど、言ってみるだけで何か変わることがあるかもしれないと考える。そうして、ホテルのフロントに行き、「何かサービスが補償みたいなのが欲しいんですけど、何かないですかね?」と聞いてみる。

「あいにく、マネージャーはバカンス中だから連絡をしておくよ」と説明してもらう。そのあと、パッポン通りにでかけて帰ってきた後に、マネージャーの件を聞いてみると、翌日にバカンスだけどホテルに来るという話を聞くことになる。

 

マネージャーとのアップグレードの交渉

そうして、翌日の朝にマネージャーと会って話すことになった。「こちらとしては、大げさかもしれないけど死ぬかと思った。もうエレベーターには乗りたくない。だから、どうにかしてほしい。」と英語で語る。

すると、マネージャーは、

「2Fの使っていない、いい部屋があるので残りの宿泊期間はそこを使用していいよ」というアップグレードの提案をしてもらえた。

どうアップグレードしたかというと、

 ▶窓付き

 ▶バス付き

になったのだ。このグレードアップはかなり大きいと思ったので、「Thank you very much !!」と笑顔で了解することにした。

 

というわけで、海外のホテルに閉じ込められたときは、

 ▶ 助けてーと外国で叫び続けること

 ▶ その後に、マネージャーとアップグレードの交渉をすること

 

をすると、有利に展開を進めることができるのかなと思いますね。
ピンチはチャンスと考えて、忘れずにアップグレードの交渉をしておきたいですね!

 

おわり