ちびくじらの得する生活

IT・海外・お金・キングダム好きが得する情報を紹介するブログ


フライト前に成田空港でシャワーを浴びるならSHOWERSがおすすめ

スポンサーリンク


成田空港のSHOWERSの写真


成田空港でSHOWERSをおすすめする理由を記入していく。長期のフライトで疲れないか心配な人、シャワーを浴びるかどうか検討している人はこの記事を確認してみてほしい。

 

フライト前にシャワーを浴びた方が良い理由

機内の写真

アメリカ、ヨーロッパ、中東など10時間以上のフライトは、正直疲れる
シャワーを浴びておくと、機内で眠った時、睡眠の質が格段に違ってきて疲れも溜まらない。シャワーは1,030円と値段がはるが、長時間のフライト前にシャワーを浴びておくとトータルで考えたときにコスパが格段にいい。*ラウンジを利用する人はラウンジの無料シャワーを利用すると良い。

 

SHOWERSをおすすめする理由

f:id:chibikujira:20170925152343j:plain

成田空港でシャワーを浴びるにあたって、SHOWERSの最大のメリットは出国手続きを終えた搭乗手続き前に、シャワーを浴びられる点だ。

当初、9h nine hoursという別のシャワールームの利用を検討したが、以下のデメリットから利用を控えることにした

  • チェックイン前に重い荷物を持って、B1Fのシャワールームに行きたくない
  • チェックイン前に利用すると出発前まで時間があり、また汗をかく
  • チェックイン後は、早く出国ゲートにいきたい
  • 出国手続き後に忘れ物があると嫌

その点、SHOWERSであれば、以下のメリットから利用をした。

  • 荷物を預けているので、移動が楽
  • 搭乗ゲートに行くまで時間に余裕がある
  • あとは飛行機に乗るだけの状態であるので、搭乗時間の時間さえ気にしているだけで良い
  • 忘れ物があっても、すぐに取りに行ける

 

SHOWERSまでの行き方(ターミナル2の場合)

以下の画像(*成田空港HPより)のS19にSHOWERSがある。
出国ゲートからは徒歩5分程。

[行き方(ターミナル2)]
・出国ゲートから正面まっすぐを歩く
・エスカレーターに乗り、2Fへ行く
・和をコンセプトにした休憩スペースを歩く
・左手側に吉野家(S6)が見える
・吉野家の裏の通路を進むとSHOWERSが見える

▶︎出国手続き後エリア(ターミナル2)

成田空港ターミナル2出国手続き後の写真

*成田空港HPより

SHOWERSの利用について

お店の情報は以下の通り。

■ターミナル1(出国手続き後)
ご利用時間  7:00~21:00
最終受付時間シャワールーム  20:30まで /  仮眠室 20:00まで
電話番号 0476-32-4734
シャワールーム(洗面台付き) 8室
仮眠室(シングル/シャワー付き) 9室
車椅子対応仮眠室(シングル/シャワー付き) 1室
仮眠室(ツイン/シャワー付き) 3室
---------------------------------------------------------------------------------
■ターミナル2(出国手続き後)
利用時間  7:00~21:30
最終受付時間シャワールーム 21:00まで /  仮眠室 20:30まで
電話番号 0476-34-8537
シャワールーム(洗面台付き) 4室
仮眠室(シングル/シャワー付き) 3室
仮眠室(ツイン/シャワー付き) 3室
*2017/9/24更新


30分のシャワーで利用すると、はじめにミネラルウォーター500mlと部屋番号が書いてあるクリスタルの棒をもらって、シャワールームへ行く。実際のシャワールーム(ターミナル2)は以下の感じであった。


▶︎洗面台にはシャワーキャップ、ティッシュ、ドライヤーが備えられている

SHOWERSの洗面台




▶︎洋式トイレ

SHOWERSの洋式トイレ




▶︎洋式トイレ隣のシャワールーム

SHOWERSのシャワールーム




▶︎ボディーソープとシャンプーがある

SHOWERSのボディーソープとシャンプー


*バスタオルは、シャワールーム前のカゴの中に備え付けられている。
*シャワーは10〜15分くらいで終わるので、延長は必要ないだろう。
*シャワーはもちろん熱湯が出る。

 

SHOWERSの利用後の服装について

SHOWERSのパジャマ

シャワーでリフレッシュしたあとは、パジャマのようなゆったりとした服に着替えて、履物はサンダルにおくと、機内で疲れが溜まりにくくなる。管理人は、大きめのTシャツとタイのゆったりとしたパンツとサンダルで機内では過ごした。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

実際にSHOWERSで海外出国前にシャワーを使ってみると、さっぱりとリフレッシュできた。リフレッシュすれば深夜便であれば機内で眠りやすくなり、疲れも軽減され、外国に到着してからの生産性が上がるのでぜひ参考にしてほしい。