ちびくじらの得する生活

仮想通貨の勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ


仮想通貨SRN(SIRIN LABS Token)の特徴・チャート・将来性について【徹底解説】

SRN-SIRIN-Labs-token

こんにちは、仮想通貨投資中のちびくじらです。

仮想通貨に投資をしている人の中で、

仮想通貨SRN(SIRIN LABS Token)ってなに?

という方がいらっしゃるかと思います。

そこで、こちらのページでは、

▶SRN(SIRIN LABS Token)について知りたい人

に向けて、

▶SRNのこれだけは知っておきたいコンセプト
▶SRNの5つの特徴
▶SRNのチャート

▶SRNの将来性(管理人の所感)
▶SRNのどこよりもオトクな買い方

について情報をまとめました。SRN(SIRIN LABS Token)の購入を検討している方は参考にしてみてください。初心者の方でも分かりやすく説明をしています。 

*SRN(SIRIN LABS Token)はHuobiで購入できます。登録と購入方法は以下の記事を参考にしてください。

 

SRNの公式サイト:SRNの公式サイト⇒

 

SRN(SIRIN LABS Token)のコンセプト

SRNのコンセプトは"スマートフォン×ブロックチェーン"で、すでに実機の作成までできており、これは世界初として評価されています。このコンセプトはこれから説明をする特徴の中で大事になるので覚えておいてください。

 

SRN(SIRIN LABS Token)の5つの特徴

SRNの特徴は次の5つです。

  • SRNはマスマーケットを狙ったブロックチェーン×スマホ
  • DAppsのプラットフォームで使用されるSIRINトークン
  • SIRIN OSという次世代OS
  • 手数料が無料
  • セキュリティの強化

それぞれ説明をしていきます。

SRNは世界初のブロックチェーンを組み込んだスマホ

まず、SRNの大きな特徴はブロックチェーンを組み込んだスマートフォンで使われるトークンです。イスラエル出身のMoshe Hogeg Founder & CEOの話では、

「今地球上の人たちは、HTTPという技術を意識しなくてもみんながインターネットを使っている。同じように、スマートフォンでブロックチェーンの技術を意識しなくてもみんなが、SRN上のアプリを使うようになる。」と熱く語っています。このCEOの先見性がSRNの特徴ですよね。

 

DAppsのプラットフォームで使用されるSIRINトークン

SIRINトークンの使用イメージは、例えば、

  • Angry Birdでは〇〇トークン
  • Uberでは△△トークン
  • Airbnbでは◇◇トークン
  • Facebookでは✕✕トークン

と、別々のトークンをそれぞれのアプリが使う場合統一がとれなくてユーザーの利便性が損なわれますよね。

SIRINトークンの目指す所は、裏側でSIRINトークン1つだけもっておけば、他のアプリの支払いもできてしまうという所です。ユーザーが裏側の動きを意識しなくても使えるようになります。

 

SIRIN OSという次世代OS

ブロックチェーンを組み込んだSIRIN OSについて説明をします。FINNEYと呼ばれるスマートフォンとPCがそれぞれあり、SIRIN OSが内部に組み込まれています。

このスマートフォンの凄いところは、Android・iOSといったOSの機能を持ちつつ、スイッチの切り替えでブロックチェーンモードにも切り替えができることです。すでにある、LINEやFacebookのアプリを使用するときはAndroidモード、DAppsを使用するときはブロックチェーンモードに切り替えることができます。

例えば、感知センサー・カメラ・キーボードといったものは全く別の使い方になります。PCに例えると、MacのPCにWindowsのOSを入れて、Windows OSとMac OSの2つのOSを使えるようなイメージです。

これは一般ユーザーの利便性を考えて、こういった構造にしているとのことです。

 

手数料が無料

SRNはユーザーの利便性を重視しているので、送金手数料はかからない仕組みを採用しています。ブロックチェーンの仕組みは、IOTAと同様のDAG(Directed acyclic graph)を利用しています。DAGは網目状に配置されたブロックチェーン技術で、非同期通信により高速なブロックの作成をすることができます。

 

セキュリティの強化

SRNでは、Ledger Nano S のようなハードウェアウォレット(コールドウォレット)として使用することができます。もし、端末をなくしてしまっても預けていた仮想通貨はリカバリーすることができます。

また、通信自体もPeer to Peerで安全な暗号通信ができる設計になっています。この点は、Apple、AT&T、SONY Mobile、CISCOといったモバイル業界・通信業界の精鋭を集めてチームを構築してるため技術的にも安心ができます。

 

 

SRN(SIRIN LABS Token)のチャート

SRN-SIRIN-Labs-token-chart


*coingeckoより(2017/12/31〜2018/5/12までのチャート)

こちらはSRNのチャートです。価格は次の3つがポイントです。

  • 最高の価格(2018/1/23)= 386円
  • 最近の価格(2018/5/12)= 45円

SRNについては、他の仮想通貨と同じように勢いがあったのは1月になりますね。当時の最高価格は386円ですね。この反動で、下落相場で全盛期の最高値の約16分の1近くの値段(23円)にまで下げてしまいましたが、4/10の上昇相場で約8分の1近くの45円まで回復してきています。

 

SRN(SIRIN LABS Token)の将来性   

SRNの将来性について説明をします。

SRNがDAppsのプラットフォームを作る?

この仮想通貨のDAppsのプラットフォームというのは、ほぼ全ての仮想通貨が狙っているポジションになります。その中でこのSRNがDAppsのプラットフォームを作れるかどうかは、今後のスマートフォンの売れ行き次第だと考えています。

Apple・SAMSUNGの動きは?

また、CEOが話していたのが、「現在、我々は2つ目の波にのっていて、AppleとSAMSUNGはスマートフォン×ブロックチェーンの市場に参入はしていないが、3つ目、4つ目の波にのって、今後参入するかもしれない。だが、場合によっては協業する可能性も視野に入れている。大事なのはユーザー視点だ。」と熱く語っていますね。これは、SRNの凄さだと感じました。

SRNのデモ機について

SRN-SIRIN-Labs-token-demo

*公式HPより

参考までにデモの内容を紹介します。FINNYスマホ2台をつないで、右のスマホから左のスマホへバッテリーのやり取りをしています。実機があると凄さを感じますよね!今後、WiFIのようなネットワークを使って様々な情報をPeer to Peerでやり取りできるようになりますね!

 

SRNの広告塔にバルセロナのメッシを起用

SRNの広告にあのバルセロナのメッシが担当しています。管理人はウイイレを毎日しているほどサッカーが好きなので、このメッシ起用は熱いです!ガチャの黒玉雷でメッシを当てたら、1週間は幸せに過ごせますからね!

 

 

 

SRN(SIRIN LABS Token)の買い方

*SRN(SIRIN LABS Token)Huobiで購入できます。登録と購入方法は以下の記事を参考にしてください。

 

SRN(SIRIN LABS Token)の情報まとめ

以上、SRNについて情報をまとめてきましたが、今後重要となってくるのは以下にスマートフォンを販売していくかになりますよね今後は運営がどうサービスを展開していくことができるかが注目です!こちらのページは、SRNの状況が変化しましたら都度更新をしていきます!