ちびくじらの得する生活

IT・海外・お金・キングダム好きが得する情報を紹介するブログ


スロット(副業)の天井バブルで荒稼ぎした話

スポンサーリンク


f:id:chibikujira:20171001010319j:plain



2011年〜2014年頃に、SEとしてサラリーマンをする傍、副業のスロットで荒稼ぎした話をしたいと思う。これから書くノウハウは、ネットにも情報があるが自分でも実践してみて試行錯誤をして考え抜いたものだ。特に日本に帰ってまたスロットをするということも特にないので、当時の状況や勝つ方法について(期待値や大数の法則の考え方)書いていきたいと思う。


この記事を読むと、スロットを始めようとしている人、スロットでそもそもお金を稼げるのかと疑問に思っている人にとって1つの目安になるだろう。

 

 

 

副業のスロットで勝つ方法とは?

f:id:chibikujira:20171001012701j:plain

残業時間がカットされて、サラリーマンの生活が厳しいから、代わりにスロットの副業で勝ちたい」、「大学の学費を稼ぎたいけど、バイト以外に稼ぐためにスロットをやってみたいけど、どうすれば良いのだろうか?」こう考えている人に向けてスロットで勝つ方法について、簡単に説明していきたい。勝つ方法について詳しく内容を記載した記事については別途展開する予定である。

 

 

結論

まず結論から話すと、「副業でスロットはやめておけ!」である。
スロットは副業で稼ぐ手段としては、時間単価が非常に悪くなっている。普通に別の副業を探した方が良い。

 

スロットで勝つ方法 

それでも、スロットで勝つ方法について知りたい人は以下を確認してほしい。
まず、スロットで勝つには「設定狙い」、「ゾーン狙い」、「天井狙い」の主に3種類の戦略がある。それぞれの戦略について説明していく。

 

設定狙いについて

f:id:chibikujira:20171001011526j:plain

まず、スロットの醍醐味である設定狙いについて説明すると、ほとんどのスロット台には設定と呼ばれる当選確率を操作できるスイッチがあり、1〜6まで設定することができるこの中で設定1がボーナスを当てにくい確率、逆に設定6がボーナスが当たりやすい確率となっている。設定6の台に座ることができれば、ほとんど負けることはないが、設定6の台は、通常営業のスロット店ではなかなか存在しない。

 

ゾーン狙い

f:id:chibikujira:20171001010710j:plain

台の中には、特定のゲーム数でボーナスに当選しやすいものがある。
その特定のゲーム数を狙って台を回すという戦術。現状、ゾーン狙いの知識を持ったスロットユーザーは非常に多いため、ゾーンが終わった段階で台を辞めるユーザーが非常に多い

 

天井狙い

f:id:chibikujira:20170930234653j:plain

まず、天井とは特定のゲーム数(天井)まで回すと、ボーナス+継続率アップやART
ゲーム数プラスなどの特典あるボーナスのことで、特定のゲーム数を超えたとき、通常の当選確率に加えて天井時のボーナス確率を計算すると、設定1でも期待値が設定6以上になる立ち回りがある。例えば、1,000円投資すると、期待値は1,500円戻ってくるというかたちのもの。ついこの間まで、稼いでいたスロットユーザーの多くが、この立ち回りが主流であった。立ち回りについては、次回以降の記事でまとめたいと思う。

 

管理人が経験したスロットの天井バブルについて

f:id:chibikujira:20171001011809j:plain

2011年から2014年ごろにかけて、GODや北斗の拳など非常に天井が強いものがあった。この天井まで到達すれば、期待値10,000円を軽く超える台がゴロゴロしていた。そのため、家から管理人が勤めていた会社まで行く間に、スロット店が7店舗ほどあったので、帰りがてら天井付近の台をひたすら打つ生活を3年ほど続けた。

 

スロットの最高勝ち額

f:id:chibikujira:20171001011945j:plain

勝ち額は、ネット上に記載しないが想像にお任せしたい。
この時に勝ったお金で、BURBBARYの財布やベルトを買ったり、ヨーロッパや東南アジアの海外旅行、沖縄や京都などの国内旅行に行ったり、現在のヨーロッパ移住の資金になっている。

*以下の画像は、かなり低い確率で見れるプレミア演出。
管理人が稼働で撮ったものだ。稼働が多いと必ず何かしらのプレミア演出は見れる。
稼働中は写真を取ることは時間のムダだと思っていたが、かろうじて数枚写真が残っていた。

▶︎バジリスク

f:id:chibikujira:20170930235448j:plain



▶︎モンスターハンター

f:id:chibikujira:20170930234746j:plain

 

▶︎モンキーターン
f:id:chibikujira:20171001011127j:plain

 
スロットの最高負け額

f:id:chibikujira:20171001012348j:plain

この天井狙いをする場合、天井付近で負けることが重なるとすぐに5万、10万円がなくなってしまう。管理人が経験したのは、月にマイナス30万円ほどである。GODなど荒い機種で天井前に当たってしまう下振れが続くときがある。そんな時でも、冷静に淡々と試行回数を増やしていかないといけない。簡単にここに書いたが、この負け続けている時に今まで通りの立ち回りを続けていくことにはメンタルが問われる。

 

スロットの今の状況について

これもまた、別途記事にするが、スロットには射幸性を煽る台を禁止するという目的で、1台あたりの出力枚数を大幅に減らすという方向に変わっている。 ユーザー数も激減しているジリ貧な環境の中で、副業でスロットをするという選択は正直オススメできない。お金を稼ぎたいのであれば別の副業を探した方が良いだろう。それでも一度やってみたいという人は、フォローしておくべきスロット業界の人についても別途記事にまとめたいと思う。