ちびくじらの得する生活

仮想通貨・FXの勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ


Ripple(リップル / XRP)のXpring(スプリング)が激アツな理由【徹底解説】

()Ripple-Xpring

こんにちは、XRP全力投資をしている、ちびくじらです。
Ripple(リップル / XRP)の購入を検討している人の中には、 

RippleのXpringってなに?違いは?

などと疑問に思う人がいるかもしれません。 
調べてみると、Rippleのプロダクト(XRP)は、

  • 海物語の魚群
  • 花の慶次のキセル

くらい激アツな仮想通貨です。



そこで、このページでは、

▶Ripple(リップル / XRP)に投資を始めようか検討をしている人
▶RippleのXpringについて知りたい人

に向けて、

▶Rippleの新たなXpringプロジェクト

の仕組みと激アツな理由について、初心者の方でも分かりやすく説明をしていきたいと思います。

*XRP(リップル)を購入したい方は、手数料が2018年9月末まで無料なbitbank(ビットバンク)がオトクです。

>>> bitbank(ビットバンク)の簡単登録はコチラ⇒

Ripple(リップル / XRP)のXpringが激アツな理由(結論)

もともとRippleのRippleNETというプロジェクトは、XRP Ledger(分散型台帳)とXRPを利用して、xCurrent、xRapid、xViaというシステムを作り上げて国際送金の経済的・時間的なコストを削減することが目的です。

このRippleプロジェクトに追加で、Xpring(スプリング)が新たに立ち上げられました。Xpringは、国際送金以外の分野でXRP LedgerとXRPを利用する会社に投資をして支援するプロジェクトです。

もし、国際送金以外にもXRPが使われるようになると、XRPの需要が高まり、価格も上昇することが、このプロジェクトの狙いです。RippleNETでは、すでに、2018年中にSantandar銀行といった大手銀行がxRapidを実際に使用していくという実需がXRPにはあります。それと同様に、XRPの実需を追求することが、Xpringの目的で、その結果XRPの価格が上昇することが予想されているわけです。

 

それでは、Xpringの

  • 管理人が思うXpringの凄さ
  • Xpringの投資先

について説明をしていきたいと思います。

 

Ripple(リップル / XRP)のXpringの凄さ

Xpringで仮想通貨のシェアNo.1を狙う

Xpringのプロジェクトを聞く前は、Rippleは国際送金市場の概念を打ち破る企業だと認識していました。ですが、このXpringがでて来たことで、XRPの利用が色んな分野にまで広がることが期待されています。

XPRINGの公式サイトを見ると、

  • 貿易金融
  • ゲーム
  • VR
  • 不動産
  • 保険
  • バーチャルメディア

といった分野にまで広がるということです。
例えば、

  • 貿易であれば、どの国から運ばれたものかをXRP Ledgerで管理する
  • ゲーム・バーチャルメディアであれば、XRPを投銭で使用する
  • 不動産・保険であれば、所有権の移転をXRP Ledgerで管理する

といったこともできるようになります。ここで1番ポイントになるのが、XRPは国際送金で使用されるという実需がある点です。

他の仮想通貨は、似たようなコンセプトで使われるだろうという期待から価格があがっているという側面があります。ですが、XRPは、実需があるので他のサービスと組み合わせるときにXRP自体に通貨として信頼される価値がある点が圧倒的に違うわけです。

以下のツイートを見てもらえるとわかりますが、RippleがFRBのプロジェクトのメンバーに入ったと言われています。

以下にあるようなBOA、HSBC、Santandar、MUFG、AMERICAN EXPRESS、Visa、JPMorgan、Goldman Sachsといった投資銀行と肩を並べて、アメリカで規約を作っているんですよね。つまり、ルールを作る側にいるので、後発ですが成長スピードが段違いに早いです。

 


これを見ると、Rippleという言葉の由来どおりに、"波紋"、つまり、今後爆発的にXRPを利用したサービスが創出されることが期待されています。このニュースを見ると、ゲームの投銭で利用する系の仮想通貨はXRPに負けるかもなと感じました。

 

Xpringの投資先

それでは、実際に今Xpringが投資(提携)をしている会社を簡単に説明をします。

  • SB Projects
  • Coil
  • Omni
  • Blockchain Capital

SB Projects

Ripple-Xpring-SB-Projects
*SB Projects公式HPより

SB Projectsは音楽、映画、テレビ、技術、慈善事業を統合した総合エンターテイメント企業です。創業者のScott "Scooter" Brain(TIMEで世界で影響力のある100人の1人)のビジョンに基づいて、創造性、グローバルな視聴者を魅了する能力を組み合わせて新しい文化を提供する会社です。

 

Coil

Ripple-Xpring-Coil
*Coil公式HPより

XRPとInterledger Protocolを作り、前Ripple社CTOのStefan Thomas氏が立ち上げた会社です。この会社の特徴は、XRPを利用してWebの新しいビジネスモデルを作り上げようとしています。

この会社が提供するサービス(最初の製品)は、クリエイターをサポートをする製品のようですね。広告収入とは別の形での収入ということで、Steem、ALISのような仕組みを提供するようですね。近々サービスが発表されることがあるかと思います。

 

Omni

Ripple-Xpring-Omni

Ripple-Xpring-Omni-example

*Omni公式HPより

Thomas McLeod氏が創業をしていて、Omniは新しい形のシェアリングエコノミーのサービスです。Airbnbの物バージョンと考えるとわかりやすいですよね。

こういったサービスでは、なくしたり、こわしたといった問題があると思いますがこの点は今後整備されていくのだと思います。この支払いに、XRPが使われると考えてよいですよね。自転車を借りるとして、1日10XRPの支払いということも将来的には可能になると想像できますよね!

 

 

Blockchain Capital

Ripple-Xpring-BlockChain-Capital
*Blockchain Capital公式HPより

Blockchain Capitalは、Crypto業界に特化したベンチャーキャピタルです。ここの会社は、RippleやCoinbaseといったアメリカの仮想通貨に関する会社に投資をしています。立場としては、Blockchain Capital は Ripple社の株主となりますので、Blockchain Capitalが将来有望なベンチャー企業とRipple社と橋渡しをして、Xpringを利用してもらうということなんでしょうね。

f:id:chibikujira:20180618192712p:plain

 

Xpringの将来について(まとめ)

これまで説明してきた内容を考えると、今後アメリカのとりわけシリコンバレーにある仮想通貨業界は、Ripple社から投資をうけてXRPと連動した事業を行うといったところも戦略として考えられますよね。そうして、XRPの価格は上昇していくのだと想像していますね!

*XRP(リップル)を購入したい方は、手数料が2018年9月末まで無料なbitbank(ビットバンク)がオトクです。

>>> bitbank(ビットバンク)の簡単登録はコチラ⇒

 

*XRPに興味がある人は、あわせてこちらの記事も確認してみてください。