ちびくじらの得する生活

仮想通貨・FXの勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ

楽天が仮想通貨交換業参入(みんなのビットコイン買収)の影響について徹底解説!

rakuten-crypto

 

こんにちは、仮想通貨投資中のちびくじらです。

2018年8月31日、楽天が「みんなのビットコイン」を買収して仮想通貨交換業に参入するというニュースがありました。

そこで、このページでは、

▶楽天が「みんなのビットコイン」を買収するというニュースの内容
▶楽天が仮想通貨交換業に参入をする背景
▶他社と比較したときの楽天の仮想通貨交換業参入の優位性について

▶2018年に参入を予定している他のライバル大手企業

について、管理人が詳しく説明したいと思います。

*管理人オススメの仮想通貨取引所はbitbank!手数料が2019年1月4日まで無料なbitbank(ビットバンク)が1番オトクです。

>>> bitbank(ビットバンク)の簡単登録はコチラ⇒

楽天の仮想通貨交換業参入(みんなのビットコイン買収)のニュースについて

2018年8月31日に、楽天が「みんなのビットコイン」を買収をするというニュースがありました。詳細を説明すると、

  • みんなのビットコインの全株式を2億6500万円で楽天の連結子会社である楽天カードが取得*10月1日に株式譲渡を予定

ということになります。

 

楽天の仮想通貨交換業参入(みんなのビットコイン買収)の背景について

次に、今回の楽天の仮想通貨交換業参入となった背景について説明をすると、大きな理由は次の3つがあります。

既存の金融サービスのシナジー効果

楽天は楽天銀行・楽天証券という既存の金融サービスがあり、数百万人以上の顧客を抱えています。その顧客が仮想通貨交換をしたいという要望があり、そのニーズを取りこぼさないために今回、仮想通貨交換業に参入をしました。

他社と比較をすると、

  • SBIバーチャルカレンシーズの、SBI FXトレード・住信SBIネット銀行の既存顧客の獲得があります。

  • マネーパートナーズ社のコインチェックの買収についても、既存の顧客をコインチェック社を使ってもらうという形式になりますよね。

ブロックチェーン研究の推進

そしてもう1つが楽天の母体はEコマース(ITの分野)です。2016年に設立した「楽天ブロックチェーン・ラボ」と楽天市場(Eコマース)・P2Pの決済手段としてシナジー効果を発揮するためにも、仮想通貨(ブロックチェーン)のビジネスが必要だということになります。

この動きとしては、Zaifに近い取引所になる可能性が秘めています。自らの会社で例えば楽天コインを発行して、その流通を今度買収する「みんなのビットコイン」として利用することができます。

 

楽天の三木谷社長は仮想通貨をリップルを大量に保有しているという噂

*ここの内容はツイッターで見かけた情報で書いています。もともと楽天の三木谷社長は仮想通貨の業界にも精通をしていて、大量のXRP(Ripple)を保有しているという情報がツイートで流れてきたことがあります。

そのツイートを見たときに、

  • 三木谷社長はブロックチェーンの可能性・未来を感じているからこそXRP(Ripple)を大量に保有をしている

  • 今後楽天は事業として仮想通貨に参入をする

と確信をしました。トップが仮想通貨に精通をしているかどうかは、企業の成長にとって大きな違いになってきますよね。

 

他社と比較したときの楽天の仮想通貨交換業参入の優位性について

この楽天が仮想通貨交換業に参入をするという背景を考えたときに、業界の中でどういう優位性があるかと考えると、

  • SBIバーチャルカレンシーズと同様の既存顧客
  • テックビューロ社(Zaif)と同様の販売経路
  • 楽天イーグルス・ヴィッセル神戸の広告力

があると考えています。

サイバーエージェントグループでは、仮想通貨交換業の参入は撤退しましたが、この楽天社の環境を考えると、確実に今後伸びてくるであろう業界に注力をするという選択肢は重要ですよね。

ちなみに、管理人が前職で楽天の技術力を感じる出来事があって、マイクロソフトのカンファレンスde:codeで楽天の外国人の方がMicrosoft Azureの良さをアピールをしていたことがあったり、Facebook主催の技術セミナーに行ったときに楽天の人が英語で質問をしていたのを聞いたこともあって、技術力に強い人が多い会社だという印象がありますね。

広告については、本田圭佑選手がBITPointのイメージキャラクターになりましたが、今後もしかしたら、「みんなのビットコイン」のイメージキャラクターにイニエスタ選手が起用されることもあるかもしれませんね。

 

2018年に参入を予定している他のライバル大手企業

最後に、2018年に仮想通貨業界への参入を予定している強力なライバルについて紹介をします。それは、Softbankです。2018年4月13日にSoftbank社がビットアルゴ取引所東京を買収をして今年の秋に仮想通貨業界に参入をすることを決定をして動いています。

*参考

 

パ・リーグといえば、ソフトバンクホークスと楽天イーグルスがありますが、仮想通貨業界にも、この両者が2018年に参入をすることになります。

また、近々、マネーパートナーズ社のコインチェックも再開を予定していますし、SBIバーチャルカレンシーズ社も金融庁の方針が決まり次第、ガンガン販促活動を進めていくと北尾社長が言っていました。

今の状況は、仮想通貨春秋戦国時代とも言える状況で、取引所間の優劣が目まぐるしく変わっている状況です。今後どの会社が成長をしていくのかには注目ですよね。

 

楽天の仮想通貨交換業参入(みんなのビットコイン買収)のニュースについて(まとめ)

以上、楽天の仮想通貨交換業参入についてまとめてきました。今後楽天が仮想通貨交換業に参入をするということで、既存の業界のシナジー制を高めて業界をリードする立場へ行く可能性は十分ありえますよね。

個人的には、ヴィッセル神戸のイニエスタ選手の活躍は見ていて楽しいので楽天を応援していきたいなというところですね。

*管理人オススメの仮想通貨取引所はbitbank!手数料が2019年1月4日まで無料なbitbank(ビットバンク)が1番オトクです。

>>> bitbank(ビットバンク)の簡単登録はコチラ⇒