ちびくじらの得する生活

IT・海外・お金・キングダム好きが得する情報を紹介するブログ


キングダムネタバレ541話予想

スポンサーリンク


f:id:chibikujira:20171017193833j:plain
*キングダムより

 

こんにちは、天下の大将軍になりたいちびくじらです。それでは、540話の感想と541話の展開予想をしていきます。

 

 

キングダムネタバレ541話予想

キングダム鄴攻め2日目までの流れ

初日、2日目が終わった時点での戦況を確認しよう。

橑陽の戦い

 

楊端和の奮闘しているが、犬戎王ロゾの攻撃に対し互角でやり合っているかのように思えるが、趙側が手を緩めて戦っているため趙側が優勢で話が進んでいる。

この状況を、壁は5分5分だと判断しているが実はそうではない点が壁の痛いところだ。そうして、2日目の夜には、大きな事件が起きることになる。

朱海平原

 

一方、王翦側の朱海平原では、2日目は右側が大きく動くことになる。趙峩龍の戦略により窮地に陥った王賁だが、大将軍級の大活躍により一気に体制を整え、馬南慈軍を挟み撃ちにして壊滅状態にさせる。

また、ここでは、亜光の息子亜花錦が登場することになる。数少ない秦側の武将の中でも異質なキャラクターと言える。この武将が、王賁のピンチを救うことになる。

2日目の左側の動きは、将軍に格上げされた蒙恬の活躍により膠着状態を保ったままとなる。これは蒙恬の勝ちだと言える。

2日目の状況を考えると、橑陽側は五分五分、朱海平原は王翦側が優勢に進んでいるように見える。一方、兵糧を考えてみると、初日に麻鉱が討ち取られた流れで、食料の配給量が少なくなってしまう。そのため、ここでは兵糧も重要な戦いの要素となっていく。

 

飛信隊信のシーン

 

蒙恬と王賁が大活躍しているのを見せつけられた飛信隊は、若干イライラしている。ここでは、戦いに出ることができないもどかしさを感じることができる。王翦の作戦としては、飛信隊信の攻撃力はここぞというタイミングでぶつけにいくのだろう。

 

3日目の大事件と兵糧攻め

 

539話では3日目の未明に大事件が起きる、舜水樹の作戦により、壁の兵糧庫が焼き払われてしまうのであった。今後の対応がどう進んでいくのかが問題となる。

 

前回の感想

壁は正直弱い将軍だと思う。この鄴攻めの兵糧は、兵糧は命であるため最大限守らないといけないからだ。まず、この事件が起こった時点で楊端和軍は大きく不利な状況に陥ってしまったのである。この状況は非常にまずい。

そのため、楊端和側は短期決戦で勝負を決めに行かないといけなくなってしまう。そうなると、橑陽側は消耗戦で兵糧攻めをすれば自然に勝てるからだ。

おそらく、3日目以降、犬戎族の戦い方は変わり消耗戦に持っていくはずだろう。そうして焦って勝負を決めに来た楊端和の攻撃したところを罠にはめるといった状況が考えられるのだ。

今回の壁の失態だが、もしかすると壁の覚醒フラグになっていれば面白いが、今後どう進んでいくのかは面白いだろう。

 

キングダム540話のまとめ

 

これから、540話について、場面ごとに状況を説明していく。詳細は、ヤンジャンを確認してほしい。

540話のタイトルをつけるなら、「壁の空回り」だ。また、540話のキャッチコピーも考えた!

"3日目未明に起きた兵糧庫の焼き討ちの大事件に、壁は挽回するべく動くがその策とは!?ついに、藺相如の幹部、右軍の尭雲が動き出すことになる。尭雲の強さとは?"

こんな感じかなと。今回は、3日目橑陽側の動き尭雲の援軍がポイントとなる!それでは、場面ごとにまとめていきたい。
大きく以下の5つの場面で540話は話は進む。

 

▶ 舜水樹とロゾの会話

▶ 楊端和と壁の会話

▶ 趙側尭雲の配置転換

▶ 玉鳳隊の士気向上

▶ 尭雲の強さの説明

 

場面ごとに詳しく考察していきたい。

舜水樹とロゾの会話


*キングダムより

539話の焼き討ちのシーンが終わると、橑陽側の今回の焼き討ちの作戦に変わる。話の内容では、今回の焼き討ちの作戦を実行する経緯だ。舜水樹は橑陽は有事のさいに地下道がはりめぐされているため、地下道の道を1本だけでいいから教えてもらいたいとゾロに確認する。

そうして、地下道を使い、食料庫が存在する場所を当てて食料庫の焼き討ちに成功してしまう。このシーンのあと、ロゾは「これで戦いやすくなった」と語る。この理由は、戦いを有利に進めていくために消耗戦に持っていく流れになるのだと思う。

 

楊端和と壁の会話

 

次に、失意の中にいる壁に対し、楊端和が「相手が地下道を利用して攻撃してきたのを防ぎれなかったのはしょうがない、山で食料は自給できるから、食料は分け与える」と語る。それに対し、壁は「桓騎へ食料を分けて貰う予定で伝者を送っている」とする。

しかし、この伝者は全滅してしまうことになる。橑陽の周りには包囲網がしかれているのである。つまり、朱海平原、橑陽、鄴は点々として配備されているということなのだ。

ちなみに、兵糧については、壁1万の軍の半分の兵糧+楊端和の兵糧(預けた分)となっている。そのため、楊端和側も兵糧が少なくなっている状況なのだ。

更に、ここでは、重要そうなキャラクターが1人登場している。おそらく楊端和の側近となるものだろう。

  

尭雲の左軍への配置転換

次に、2日目の李牧が尭雲と話をしにいって、趙側では、尭雲を左軍へ中央軍から1万の配置転換をすることになる。

この状況が起きた原因は、2日目の馬南慈軍の崩壊の穴埋めであろう。尭雲を投入することで流れを止めようと李牧はしているのである。

 

右軍玉鳳隊と亜光軍の士気向上

 

それを見た王賁は、玉鳳隊の士気を高めるために、これはこちら側の意図通りに作戦が進んでいるのだと説明している。これを見た亜光はイヤミをいうのだが、内心頼もしく思っているのだろう。

ここで気になるのが、最終決戦という言葉だ。この中央軍戦はどんな意味合いになっていくのであろうか?管理人が思うに、龐煖が援軍で現れるのではないかと想像しているがどうであるだろうか?

 

尭雲の強さの説明

 

次に、尭雲の強さを李牧が説明するシーンに移る。ここでは、尭雲が、廉頗と同じ趙三大天であった藺相如は"知"と"勇"に長ける武将であったが、"武"はなかった。だが、尭雲は、その"武"を支えていた将軍なのだと説明することになる。

ここで重要になるのは、右軍で尭雲がどういった動きをするのかというのが問題になるだろう。そうして、次回へ続くのだが、この流れで次回の予想をしてみた。

 

キングダム541話のネタバレ予想

右軍の動き

3日目は、李牧が手をうってくることを想定して、李牧は右軍に尭雲を投入することになった。

予想される展開としては、尭雲と王賁との戦いとなり、王賁が超苦戦することになり、中央軍から信または羌瘣を援軍に送ることがあるのかもしれない。大体武将の強さが分かってきたので、趙軍の武将が多くなるので、亜花錦辺りが岳嬰を討ち取るような流れになりそうではある。

 

左軍の状況

3日目は、2日目で馬呈軍を翻弄した蒙恬であるが、3日目も引き続きのらりくらいと敵の攻撃を交わす作戦で行くはずだろう。しっかりと麻鉱が抜けた穴を蒙恬の成長と言うかたちで穴を埋めきれている状況だといえる。

 

李牧の動き

2日目の戦況をみて、右軍が不利な状況に陥っていると判断した李牧は、尭雲に話をしにいった。その流れでは、3日目は尭雲が右軍へ投入することになった。この作戦が功を奏すのかが問題だろう。

 

中央軍(王翦)の動き

3日目は、有利に戦況を進めた王翦、2日目の壁軍の兵糧攻めの対応で戦いを急がざるをえなくなるだろう。この鄴攻めも展開的には、中盤に差し掛かってきたように思える。今後は、中央軍の最終決戦に向けて話が進んでいくかと思う。また、王翦であるが、未だ武力が未知数なため、王翦自らが戦う場面では相当強く描かれることが想像できる。思います戦いでは相当

 

信の動き

二日目が終わり、フラストレーションが溜まっている飛信隊の信。どうして飛信隊の信が動いていないのかというと、来るべき最終決戦のための切り札の駒として鍵を握っているものと判断できる。三日目は苦戦に陥った尭雲と戦うことになるのかもしれない。次回も大きな動きはないだろう。

 

橑陽の動き

舜水樹が壁軍に兵糧攻めという奇襲をかけ、全体で戦える時間が少なくなってしまう。3日目は敵が消耗戦を仕掛けてくることが想定される。また、3日目が終わったタイミングで兵糧の話がでてくるはずだ。そのため、4日目に楊端和と壁で大攻勢をかける展開が予想される。ここで、壁は汚名を返上するための大活躍を成し遂げることになるのかもしれない。