ちびくじらの得する生活

元スロッターSEがブダペストから仮想通貨の情報を発信するブログ


仮想通貨取引所のハッキングリスクと盗難補償について調査してみた

hucking-security-compensation

 

仮想通貨全力投資中のちびくじらです。

 

Zaifを調べていると、吐気がするくらいの危険な口コミ・評判が多いんですよね。というわけで217万円を運用しているので、引き出せないってなったときに、後悔してもしきれないと感じました。そこで、仮想通貨取引所のハッキングリスクと盗難補償について調べましたので、参考にしてみてください。

 

  

仮想通貨取引所毎のハッキングリスクと盗難補償について調査してみた

仮想通貨取引所毎のハッキングのリスクについて

まず、ハッキングのリスクを仮想通貨考えると、以下の順番で危険だと考えます。

▶海外取引所ー運営元不明

▶海外取引所ー運営元あり

▶国内取引所ー大企業資本なし

▶国内取引所ー大企業資本あり

 

単純に、サポートの体制がきちんとしているのかを考えると、この危険度は納得ですよね。管理人は、上記の種類の取引所をすべて使っています。50万円ほどのリップル、5万円の草コインをBinance、Coinexchange、Yobitに預けていますね。Binanceは中国でも巨大な取引所なので、ある程度安心感をもって預けています。将来的に、SBI証券がXRPの板取引ができる取引所を開設すると思うので、そこに預けるか、他の会社が取引所を作ったときに大量のXRPを預けようと考えています。

 

過去に、マウントゴックスの破産がありましたし、これから、そういった事件は増えてくるのだと想像しています。仮想通貨に関わる人が多くなればなるほど、そういった事件も大きくなるからですね。数万円ならいいと思いますが、数十万円、数百万円になるとどこに預けるのかは大きな問題になりますからね。

 

Zaifの事件について

以下の記事で、詳しく説明していますが、

 

www.chibikujira.com

 

簡単に説明をすると、「2段階認証をしていたにも関わらず、ハッキングをされて出金されてしまった。サポートに連絡をしたが、連絡が来ない」という泣き寝入りをしなければいけないというツイートだったり、2chでも同様の口コミが多く見受けられています。

 

 

 

正直、評判は良くないですので、Zaifを使うのでしたら、自己責任ですね。管理人は登録していますが、残り8万円分のNEMを換金するか、COMSAトークンを将来購入するときに利用しようと考えています。正直怖いですけど。

 

手数料と安全性をどちらをとるか

初めは、手数料が激安・格安という点で、Zaifが魅力的に感じていましたが、そもそもハッキングに対する補償もなかったり、将来出金できないケースもあったりするかもしれないので、今は手数料よりも安全性を取りたいと考えています。

結局、手数料=会社の儲けとなるわけですから、手数料が格安だと人件費を削っているわけですから、サポート体制・システムの整備ができていないわけです。

私が好きな投資家の「ナシーブ・ニコラス・タレブ」という方で、「Black Swan」というリーマンショックを予測していた本があるのですが、

 


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

 

これを読むと、常に最悪の事態を想定して動いておいた方が良いなと思いますよ。だとすると、手数料が3〜4%くらいかかっても、きちんと出金できるところを利用したほうがよいです。

他の人は勿体無いと思うかもしれないですけど、今のところ、額が大きくなったときは、最後はXRPをBTCに変えて、BitFlyerで出金したいです。

 

仮想通貨取引所の盗難補償について

各取引書の盗難補償について調べましたので参考にしてみてください。 

盗難補償あり

BitFlyer

BitFlyerはハッキングでメールアドレスとパスワードによる不正出金の被害にあった場合、最大500万円まで補償されます。将来、BitFlyerがXRPの取り扱いをすれば、速攻でBitFlyerに移しますね。三菱UFJキャピタルや、EastVenturesという有名なベンチャーキャピタルが出資してますので、はるかに安全です。もちろん、その分、アルトコインの販売は手数料がとても高いので注意してください。

>> BitFlyerの公式ページはこちら

 

www.chibikujira.com


Coincheck

Coincheckは、東京海上日動と共同で不正ログインされたときの補償として最大100万円までの補償されます。万が一、仮想通貨が盗まれても、100万円までは保証があるので、それ以下で運用をするのであれば安心できますよね。

>> Coincheckの公式ページはこちら

 

www.chibikujira.com

 

 

 

管理人もCoincheckを使っていますね

f:id:chibikujira:20180112052850p:plain

 

 

盗難補償なし

GMOコイン

GMOコインは盗難の補償はありません。ハッキングされてしまうのは、自己責任になります。

 

Bitbank

Bitbankも盗難の補償はありません。こちらも、自己責任です。

 

Zaif

Bitbankも盗難の補償はありません。こちらも、自己責任です。

 

 

ハッキングリスクと盗難補償のまとめ

取引所にあずけておくというのは、ハッキングのリスクが高いものだということが分かりますがBitFlyerCoincheckについては、他の取引所に比べると補償があるので、その分まだ保管先としては良いと思いますが、Twitterを見ているとZaifでは2段階認証を破られてハッキングされたということがありましたので、本当にいいのはハードウェアウォレットで手元に置いておくことなので、BTC・ETC・XRPなどを保管できるLedger nano S (*)を公式サイトから購入しました。XRPを保管できるという点で他に製品がないのでこちらにしましたね。

*リンク先は日本唯一の正規代理店です。購入するのであれば日本語サポートがあるので、オススメです。1月21日時点で注文すると、納期はヨーロッパと同じ3月下旬ごろです。大金を取引所に置いている方は早めに購入をしておいたほうがいいと思います。

 

 

*あわせて読みたい

www.chibikujira.com