ちびくじらの得する生活

仮想通貨・FXの勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ

仮想通貨KanadeCoin(奏コイン / KNDC)の特徴・チャート・将来性・買い方について

f:id:chibikujira:20180524150859p:plain

【KNDC:10/11 KanadeTip(PCブラウザ上で簡単に投銭できるウィジェット)の提供開始!】

 

こんにちは、ちびくじら(@chibikujira_777)です。

仮想通貨に投資をしている人の中で、

国産の仮想通貨KanadeCoin(KNDC)ってなに?特徴は何なの!?

という方がいらっしゃるかと思います。

そこで、こちらのページでは、

▶KanadeCoin(奏コイン)について知りたい人

に向けて、

▶KanadeCoin(奏コイン)の最新ニュース
▶KanadeCoin(奏コイン)の特徴
▶KanadeCoin(奏コイン)のロゴコンペ
▶KanadeCoin(奏コイン)のチャート

▶KanadeCoin(奏コイン)の将来性
▶KanadeCoin(奏コイン)のロードマップ

▶KanadeCoin(奏コイン)の買い方

についてKanadeCoinのAirdropを保有している管理人が公式サイトやDiscordをの内容をまとめました。KanadeCoin(奏コイン)の購入を検討している方は参考にしてみてください。初心者の方でも分かりやすく説明をしています。

*KanadeCoinは7月2日にCoinexchangeに上場しました。KanadeCoinの購入を予定している人は登録をしておきましょう。

>>> Coinexchangeの公式サイトはこちら⇒  

KanadeCoin(奏コイン / KNDC)の最新ニュース

KanadeTipの提供開始(2018/10/11〜)

KanadeCoinチームはERC20トークン投げ銭ウィジェットを作成しました。
以下、Discordの情報となります。

【KanadeTip提供開始のニュース】
KanadeCoinチームは、Ethereumトークンの投げ銭をWebサイト上で簡単に受け付けられるウィジェット生成サービス「KanadeTip」をリリースしました。
これは、KanadeCoinが幅広くWebサービスやアプリに導入されるために開発される「KanadeCoin SDK」を使用して作成されたサービスです。


【KanadeTipの概要と機能】
KanadeTipは、Ethereumで作成されたトークンの投げ銭機能を、より便利かつ簡単にWebサイト上に導入できるサービスです。
KNDCトークンだけではなく、ERC20に準拠したトークン全ての投げ銭に対応しています。
必要項目をフォームに入力するだけで投げ銭ウィジェットのコードを生成でき、それをサイト上の任意の箇所に貼り付ければ誰でも簡単に投げ銭機能を導入できます。

KanadeTipウィジェットでは、Metamaskを起動しているブラウザ上において、1クリックのみで簡単に投げ銭を行うことができます。
今後、Metamaskを導入していないブラウザを使用するユーザーの利便性を向上するためのアップデートも検討中です。


【かなでやへの導入について】
KanadeTipの投げ銭機能は「かなでや」においても早速導入を行います。
応援したい出品者や事業者、ライター、運営への投げ銭ウィジェットを記事内およびプロフィールに挿入し、商品の売買に留まらないKNDCトークンの循環を作ります。

KanadeCoinのSDKのβ版正式公開開始

KanadeCoinのプラットフォームを利用したSDK(β版)の公開が始まりました。

KanadeCoin SDK(β版)ダウンロードページ

こちらのSDKは、以下の機能を利用することができます。

  • スマートコントラクトの独自機能
  • 残高確認・仮想通貨(KNDC)の送金
  • 簡単なDAppsの作成
  • 着金通知サービス(追加予定)

 

今後、独自メディアの「かなでや」等に導入を進めていく予定です。

 

Webメディア&EC事業の準備開始

KNDC(Webメディア)-EC事業のかなでや

モノづくりをする制作者やこだわりの商品などにフォーカスして記事を発信しつつ、KNDC決済で製品の売買ができる場として、新たにWebメディア&EC事業の準備中と2018年9月中旬に発表がありました。

このメディアによって、個人でモノづくりを頑張る方々にフォーカスを当て、主に検索エンジン経由での流入を得ることで、事業者の支援とKanadeCoin及びむすびての知名度向上を目指しています。また、KNDC決済の場を広げることで、トークンの利用価値を上げていく予定です。

 

3番目の海外取引所BankCEXに上場

KanadeCoinが9/1に新興取引所のBankCEXに上場完了しました。ただし、BankCEX自体が開設が8月下旬で取引がまだ無い状態なので、利用は注意が必要です。今後も運営が上場先の開拓を進めていきます。

イメージキャラクターかなで子(愛称:デコちゃん)の発表

KNDC-かなで子-デコちゃん

8/22にdiscord内のイラストコンペでキャラクターが決まりました。名前はかなで子で、愛称はデコちゃんです。めっちゃ可愛いですよね!KNDCが盛り上がっていくといいですよね!

 

海外取引所Mercatoxに8/2 PM5:00(日本時間)上場決定

海外取引所のMercatoxに上場が決定しました。今後の値上がりに期待です!

 

 CoinEX上場投票キャンペーン

【CoinEX上場投票キャンペーン終了】投票すると10,000KNDC+1CET貰えました。

今後、上場ができた場合に大きく値上がりがする可能性があります。
⇒こちら、審査の結果キャンセルとなりました。次回の上場投票では期待しましょう。

*参考:7月25日の情報

KNDC-奏コイン-CoinEx上場投票

 

KanadeCollectionプロジェクトの発表

KanadeCollection

KanadeCoinのスマートコントラクトシステムを利用をして、コレクションカードゲームを参加者で作ろうという企画がスタートしました。実際にプロト版を触ってみましたが、スマートコントラクトの仕組みについての理解が深まりましたね。

*運営からのお知らせのツイート(2018/7/9)

 

詳細については、以下のページを確認してみてください。

 

6月の海外取引所CoinExchange上場の動き

kanadecoin-coinexchange-上場

法人化も終わり、海外取引所のCoinExchangeに7月2日18時(日本時間)に上場となりました。

上場時のCoinExchangeでのOrderを確認をしていると、次のような状況でした。

7/2 18:00〜 の動き

  • 87Satoshiの買い
  • 1〜30Satoshiの買い
  • エアドロップの売りが殺到する
  • 7〜15Satoshiの間で価格が推移
  • 急遽メンテナンスモードになり入金不可
  • ホワイトペーパーの発表

7/3

  • メンテナンスモードの解除、KNDCの入金が可能となる
  • 価格は4Satoshiまで下落する
  • 材料待ち

といった状況です。
今後のポイントは、価値向上のための材料発表まちですね。

*参考:KanadeCoin CEOの鈴木氏の発表

kanadecoin-suzuki-discord

 

 

KanadeCoin法人化について

KanadeCoinは6/12に法人化を行いました。法人の名称は「合同会社むすびて」で本社は池袋となります。また、名前の由来は次のとおりです。*Discordより

有機的なコミュニティの繋がりをもってモノづくりを応援していく事業方針から「人と人を結ぶ仕事」であること、また「結ぶ」という響きがブロックチェーンの連結にも繋がること、そして、世界中の人々を結ぶインターネットの世界で羽ばたいていくこと。

そして、KanadeCoinの発行・運営に留まらない「モノづくり支援」を業務の本質とし、あえてトークン名称と会社名を異なるものにしようと考え、「むすびて」としました。

また、日本で最も一般的な株式会社ではなく、合同会社の形を取った理由として、最たるものは「株式発行による経営権の譲渡を行わず、中央集権・利益主義的な経営体質になることを回避する」という意思表示によります。(その他、株式会社に比べ設立・運営コストや業務コストが低く、運転資金の圧迫=運営持分の売り圧力の増加を極力避ける狙いもあります)

運営の最新方針発表(Discordにて)

5/30(水)に運営から活動報告がありました。

ポイントは、以下の3点で6月から本格的に動き出します。

  • 会社設立(法人化) (完了)
  • 海外取引所の上場交渉中
  • その他の開発・企画についてのお知らせ

以下、報告内容になります。

【活動報告:法人化決定およびその他】
KanadeCoin ADMINの最近の動きについて共有します(長めです)。

①法人化について
日中、顧問弁護士と打合せを行い、KanadeCoinはトークン発行主体としての法人(合同会社)を東京に設立することに決定しました。
この法人設立の目的は以下の通りとなります。

 ・トークン発行にあたっての法務、財務責任の明確化
 ・収支管理、財務、税務回りの扱いをしやすくする
 ・今後、対企業ビジネスを行う場合の備えとして
 ・トークン発行主体としての信頼性の担保

なお、法人化はあくまでトークン発行主体として上記の通り運営の合理化を目指すもので、トークン周りのビジネスを中央集権化する動きは避けていきたいと考えています。

また、株式発行等による外部資金調達、経営権の譲渡は現状考えておらず、代表社員となる当方こと鈴木教平、およびデベロッパーのmonolitht(他に経営している会社の都合で、雇用形態は検討中)のADMIN2名が発行主体としての業務を遂行します。
これにより、外部資本の経営参画から生じる中央集権性や利益重視体質に繋がることを避け、本来私達が掲げる「モノづくりを応援するコミュニティ作り」をより着実に取り組むことが可能となります。

現在、定款の作成などの作業を行っており、6月を目途に設立が完了するよう進行しております。

②上場について
現在、ロードマップの通り6月中旬頃を目指して新規上場申請を進めており、特定の候補先取引所への上場に向けて交渉および上場資金の準備を行っています。
なお、上場資金の一部を寄付頂ける方はぜひお声かけください。当然ながら取引所への上場費用は上記法人にて支出致しますが、無借金・ノンエクイティ(株式売却無し)の安定経営からスタートするため、当初は皆様からの御支援も頂きたいのが正直なところです。

ただいまKanadeCoinは3万アドレス近いホルダーの方々がおり、アジア圏を中心に世界中で大きな話題の渦中にあります。
また、DiscordやTelegram、Twitterのフォロワー数は、リリース日の近しい他の国産仮想通貨のそれらを現時点で大きく上回っており、上場後は売買が活発に行われるだろうと期待しています。
上場という最初の一歩をうまく踏み出せれば、きっとホルダーの皆さんにもエキサイティングなことになるかと思いますので、ぜひご支援頂けると幸いです。
寄付に関するご案内は改めて申し上げますのでよろしくお願い致します。

③その他のアクティビティ
・GitHub公開⇒オープンソース化の準備がほぼ完了しました。monolithtより改めて告知を行います。

・ホワイトペーパー公開⇒現在、今後の事業の方向性やシステム周りの詳細から再構築しつつ執筆を進めております。6月中に運営陣でドラフトを揉み、完成目途を立てたいと思います。

・取材対応⇒現在いくつかの国内メディア様から取材依頼を頂戴しており、6月以後より順次対応を行います。また、今後は日本へのプレスリリースの配信も検討しております。なお、新規取材のご依頼は私 @すずき までお願い致します。

・バウンティ制度の再構築⇒募集するバウンティの仕事内容や報酬体系などの見直しを行っております。コミュニティに貢献頂くことでKNDCがゲットできますので、我こそはという方は積極的にDM下さいませませ。
なお、現状バウンティにご参加頂いている皆様にお渡しする報酬は、当初お約束した内容にて行い、それ以後のお支払いが生じるものについては新体制に移行する方向で検討中です。

・SDKの開発⇒現在SDKのシステム設計、プランニングを行っており、完了次第プログラミングを開始いたします。

・コンテスト、イベントの実施⇒コミュニティをもっと盛り上げるため、このDiscord内でイベントやコンテスト等の実施も考えています。改めてアナウンスします。
ユーザーの皆様も「イベントをやりたい!」ということであれば、ご連絡を頂けたら全面的にバックアップしますのでお気軽にご連絡ください。もちろん僕らのバックアップ無しでも自由に企画、実施頂いて構いません。

・activity-活動報告チャンネルの作成⇒以後このチャンネルにて、つど業務進捗をご報告する形を取ります。

以上、現場からお伝えしました。

 

運営からの寄付のお願いについて

6月の取引所上場に向けて、Discordの(#donation)内にて寄付金の募集をしています。"ものづくりを支援する"というコンセプトを応援したい方はご検討ください。

 

ForkDelta(非公開上場取引所)での取り引き状況

5/26に、ForkDeltaで取り引きがされているようです。初回のAirdropの10万KNDCは6,000円相当という情報があります。上場が楽しみですよね!

 

ちなみに、ForkDeltaでは以下の方法で価格を確認できました。
管理人がみたとき(5/27)は、8 Satoshiでした。

  

KanadeCoin(奏コイン / KNDC)の特徴

まず、KanadeCoin(奏コイン)のコンセプトは、

「モノづくりを応援するトークン」

です。特徴としては、イーサリアムの仕組みと同じで、スマートコントラクトを利用した、双方向の契約・決済を支援する仕組みとしてKanadeCoinがあります。

このKanadeCoinですが、より小さなビジネス共同体にフィーチャーしている点が特徴で、個人事業主・フリーランスの人がサービスに気軽にブロックチェーンの技術を組み込むことができるようになることが期待されています。

ただし、ここのアプリに組み込むスタイル(DApp)のコンセプトは、競合のコインが多いのが現状ですよね。このアプリに組み込むスタイルのコインは非常に多いですし、管理人も保有しているNEMに似ています。そこをどう打開していくかがポイントになるわけですが、そこでポイントになるのが、"国産"という点です。

今の段階でコインを開発できる人というのは相当技術力が高い人で、国内にも人脈がある人がこのプロジェクトを立ち上げているような気がします。今後、運営者が明らかになるかと思いますが、そのときの市場の反応次第で盛り上がりが変わると思います。

勝手な管理人の予想ですが、今は仮想通貨市場が停滞しているので、また盛り上がっているタイミングで全容を公開したほうがよいのでは?と考えていますね。

Airdropの割合が大きい

kanadecoin-奏コイン-airdrop-allocation-ooi

このKanadeCoinですが、Airdropの割合が発行枚数に対して非常に多いです。普通は、発行枚数の5〜10%のところもありますが、55%は大きすぎますよね。なにか戦略があってやっているのだろうと思いますが、1人でも多くの人にコインを持ってもらって、サービスを広めていくのだと想像していますね。

 

 

KanadeCoin(奏コイン / KNDC)のロゴコンペ

kanadecoin-(奏コイン)-logo(ロゴ)

トークンのロゴについて、以下のスケジュールでコンペが開催されていました。

[スケジュール]
募集期間:4/18〜 5/8
投票期間:5/9  〜 5/17
結果発表:5/18

[賞金]
1位:1,000万トークン
2位:300万トークン
3位:100万トークン
4〜10位:50万トークンが貰えます。

投票は、Discord内のロゴコンペチャンネルから専用の投票ページからできました。

Discordはこちら⇒

 

KanadeCoin(奏コイン / KNDC)のチャート

*2018/7/2更新

kanadecoin-chart

*CoinExchangeのOrder

CoinExchangeでのOrderを確認すると、売り板がない状況が続き、

  • 87Satoshiの買い
  • 30Satoshiの買い
  • 売りが殺到する
  • 8〜15Satoshiの間で価格が推移

という状況です。ForkDeltaで話があったような価格に落ち着くのかもしれませんね。

 

 

奏コインですが、ForkDeltaという分散型取引所で取り引きがされているようです。

*ForkDeltaではデフォルトで$KNDCが載っていないため、別途追加する必要があります。上記のツイートによると、初回のAirdrop分の10万奏コインは6,000円相当ということになります。

ちなみに、6月に上場されるの未上場のコインなのでチャートはありませんが、
上場時の始値は1Satoshi(0.00000001BTC)の予定となります。

Airdropでは、100,000 KNDCが配布されるので、少なく見積もっても最低0.001BTCの配布が予定されています。BTCが調子いいときは2,200円くらいなので太っ腹ですよね!

また、国産のNANJのAirdropでは過去にもらった20,000NANJは、1万円近くにまで上昇しました。そのため、このKanadeCoinも上る可能性があると期待されています。

 

KanadeCoin(奏コイン / KNDC)の将来性

KanadeCoinの構想について、公式サイトから引用すると、以下の形ですね。

kanadecoin-奏コイン-future-shouraisei

 

≫ (1)決済システムの簡単導入

KanadeCoin決済を簡単に自社サービスへ組み込めるよう、専用のSDKを開発・提供いたします。

 

 

≫ (2)KanadeCoin導入サービス間連携

KanadeCoinという同一のトークンを導入しているサービス同士、簡単に連携できる仕組みを検討しております。
これにより、サービス間の仕入れ、コラボ、販売代行等がスムーズに行えるようになり、エンドユーザに対して価値を提供する選択肢が増えます。

 

 

≫ (3)サービス内ユーザ同士の投げ銭等

一般的なトークンと同様、仮想通貨としての利用が可能です。
同一サービス内でのユーザ同士による投げ銭や、他サービス間のユーザ同士での投げ銭等も可能となります。 

 

ポイントは、どれだけの市場を見込んでいて、それをどう実現していくかだと思います。例えば、AppleのiPhoneアプリに、この仕組みの組み込みは難しそうですが、Androidアプリ・WEBアプリに組み込める形式なのかなと想像しています。

また、日本でこのサービスを実験的に進めていき、今後世界に展開することも予想できますが、世界シェアをとるためには、中国系の企業との競争は必至ですよね。日本発のコインなので応援したいですよね!

まだできたばかりなので、将来性があるかないかは、ユーザーがどれだけこのサービスを広めて使っていけるか?にかかっていますよね。将来性は、どれだけみんなでこれを広めていけるかが重要ですよね!

管理人はiPhoneアプリを作っていたので、興味あったりしますね!

KanadeCoin(奏コイン / KNDC)のロードマップについて

KanadeCoinのロードマップについて、公式サイトから引用すると、以下の形です。

2018.04.07 KanadeCoin始動
2018.04.07 AirDrop#1 受付開始
2018.04 上旬 Discord開設
2018.04 中旬 ロゴコンペ開始
2018.04.29〜 AirDrop#1 配布(約40億枚)
2018.05 中旬 KanadeCoin SDK 開発開始
2018.05 中旬 ロゴ決定
2018.05.13 AirDrop#2 受付開始
2018.05.31〜 AirDrop#2 配布(約15億枚)
2018.06 中旬 取引所上場
2018.09 頃 KanadeCoin SDK ベータ版公開
2018.09 頃 スマホアプリまたはWebサービスにKanadeCoin採用
2018.09〜10 取引所上場(2箇所目)
2019.02 頃 KanadeCoin SDK 正式版公開
2019.2Q以降 KanadeCoinを採用したアプリケーションの開発
2019.2Q以降 複数マホアプリまたはWebサービスにKanadeCoin採用

 

 大きなポイントは、今年の6月中旬の上場を予定とロードマップにありますが、実際は6月下旬の上場を予定しています。また、2016年9月頃にSDKが公開されるので実需との兼ね合いで値段が上がっていくのかと思います。

 

KanadeCoin(奏コイン / KNDC)の買い方

KanadeCoinはCoinExchangeで購入ができます。CoinExchangeでの購入方法は以下のページにまとめています。

 

KanadeCoin(奏コイン / KNDC)の情報まとめ

以上、KanadeCoinについて情報をまとめてきましたが、今後KanadeCoinの運営元、どうサービスを展開していくかは未知数ですが、日本から世界へ新しいサービスを展開していって欲しいです。応援したいですね!今後の情報に期待しています!

 

KanadeCoin(奏コイン / KNDC)へのリンク

公式ページ:KanadeCoin(奏コイン) - 日本発の王道トークンエコノミー
公式Twitter

Discord

 

*KanadeCoinは7月2日にCoinexchangeに上場しました。KanadeCoinの購入を予定している人は登録をしておきましょう。

>>> Coinexchangeの公式サイトはこちら⇒