ちびくじらの得する生活

キングダム ・ ワンピース・IT好きが得する情報を紹介するブログ


はてなブロガー必見!はてなの利用規約(アダルト)についての考察

スポンサーリンク


f:id:chibikujira:20170914010148j:plain


どうも、ちびくじらです。はてなの利用規約(アダルト)について、はてなサポート窓口に問い合わせて調べたので、内容をシェアしたいと思う。

結論を先に言うと、アクセスアップを狙って、アダルトの表現を含んだ記事を投稿するとアカウント停止になるリスクがあるので、注意した方がよい。

 

 

はてなの規約について

それで今回の件だが、先日なかなか生々しい記事を見つけて、それに大量のはてブがついてるのを見て、「これは、同じことをやっても大丈夫なのだろうか?」と思ったので、まずは利用規約(公序良俗に反する情報について)を調べてみた。規約は、以下の通り。

公序良俗に反する情報について

事件報道や芸能情報を主に掲載するブログについて、下記のように公序良俗に反すると判断できる場合、表示範囲の制限や検索サイトの巡回対象から除外するといった措置を取ることがあります。

  • 自身の表現による感想や論評がなく、他媒体の記事の転載に終始しているもの
  • わいせつな内容を含むもの、あるいはタイトルなどからそのような内容を強く想起させるもの
  • 残虐な内容、衝撃的な内容を含むもの、あるいはタイトルなどからそのような内容を強く想起させるもの
  • 非公開の実名や顔写真、私生活上の事実を公開するなど、関係者のプライバシーを侵害する恐れがあるもの
  • テレビ番組のキャプチャ画像の掲載や出版物の転載など、第三者の著作権を侵害する恐れがあるもの
  • その他、青少年の閲覧にふさわしくないもの

 

規約に記載はあるものの、該当の記事は削除されていなかったので、 
どういった基準で、はてなは運営を行っているのか、問い合わせることにした。

 

はてなへのメール問い合わせ内容

[送信内容]
このブログの記事は、こんな生々しいアダルトの記事を書いているが問題ないのか?
 アクセスアップを図るために、同じことを検討しているが大丈夫なのか?

[はてなからの返信]

はてなサポート窓口  ( cs@hatena.ne.jp )

はてなサポート窓口の○○と申します。
いつもはてなをご利用いただきありがとうございます。

はてなブログに掲載する内容の表現方法についてお問い合わせをいただきましたが、
どのレベルまでが許認されるかという確認目的のご質問に対しては回答いたしておりません。

弊社では記事単体での表現レベルのみではなく、
ブログ全体の確認を行い、その意図や公益性などを含めて対応を決定いたしております。

アクセスアップを目的とした成人向け情報の掲載を検討なさっていると、今回事前にご連絡があったという背景から、今後、同レベルとみなされる表現であっても、ご利用のブログに対し利用停止相当と判断することがあり得ます。

恐れ入りますがご了承ください。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

このメールを受け取ってみて、やはり、アダルトな記事はアカウントが停止されるリスクはあると、はてなの運営から回答をいただいた。そのため、アダルトな内容を含む記事を投稿するとアカウント利用停止のリスクがあり、それははてな運営側の判断次第ということを念頭に置いておく方がいいだろう。

*補足:ちびくじらの一般的な規約に関する意識

ちびくじらって嫉妬してるだけなんじゃないの?と思われると嫌なので背景を説明したい。

ユーザー系SIerで自社製品の開発部署に所属していた時、四半期か半期に1度、定期的なルーティーンワークとして、製品の最新バージョンのコードをCDにまとめて、法務部に送る仕事があった。それは、先使用権関連の業務といって、裁判で負けないように自身の権利を主張するためにある。このような法律を理解することは仕事をする上で大事なのだと認識している。

また、別の会社で社内SEとして業務に携わっていた時、業務の一つとして会社の監査部と監査法人による整備評価、運用評価などがあり、ルールに逸脱したことをやっていないか、定期的にチェックされる。これを内部統制という。そういった、ルールのもとで会社は回っているのだと考えている。