ちびくじらの得する生活

仮想通貨・FXの勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ

フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所はあやしい?評判・口コミ・メリット・デメリットを徹底解説

フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所

こんにちは、仮想通貨全力投資中のちびくじらです。

FX・株式投資をしている方にはお馴染みの株式会社フィスコですが、実は仮想通貨取引所をグループ会社で運営をしています。

フィスコではどういった銘柄を扱っているのか知りたい!
初めて聞く名前だけどあやしい?手数料はどうなの?

という方がいると思います。

そこで、このページでは、

▶フィスコへの登録を検討している人

▶フィスコを利用している人

に向けて、

▶フィスコをオススメする人
▶フィスコのTwitter上の評判・口コミ
▶フィスコの取り扱い銘柄
▶フィスコのメリット・デメリット

について、仮想通貨の全力投資をしている管理人が詳しく説明したいと思います。すぐにフィスコ仮想通貨取引所へ登録をしたい方は、以下のページを確認してください。

>>> フィスコ仮想通貨取引所の簡単登録はコチラ→

フィスコ仮想通貨取引所はこんな人にオススメ!

フィスコは次のような人にオススメです。

  • 安全な取引所で仮想通貨を買いたい
  • Zaifの取引に慣れている人
  • 独自トークンを購入したい人

詳しく説明をしていきます。

安全な取引所で仮想通貨を買いたい

フィスコ仮想通貨取引所は株式会社フィスコ仮想通貨取引所が運営をしています。この会社はJASDAQに上場をしている株式会社フィスコのグループ会社という立ち位置で、上場企業グループが運営という安心感があります。全然あやしくないです。

また、親会社の株式会社フィスコは日本の証券会社に金融系のニュースを発信する企業として知られていて、日本の金融業界内での知名度もズバ抜けて高いです。もちろん、財務局からの監査も行われていますしセキュリティも高いので安全に利用できます。

 

Zaif(ザイフ)の取引に慣れている人

フィスコ仮想通貨取引所のBTC売買システム

フィスコ株式会社の取引システムはZaifと同じメインシステムを使っています。Zaifをすでに利用して慣れている人は、0から操作方法を覚えることなく簡単にフィスコで売買ができます。Zaifをメインで利用している人はサブとしても利用ができます。

 

カウンターパーティートークンを購入したい人

フィスコ仮想通貨取引所のトークン売買システム

また、フィスコはZaifでも取り扱いのある次のカウンターパーティートークンを購入したい人にオススメです。

  • FSCC(フィスココイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)

 

>>> フィスコ仮想通貨取引所の簡単登録はコチラ→

 

フィスコ仮想通貨取引所はあやしい?大丈夫なのか?

繰り返しになりますが、フィスコは聞き慣れない、あやしくて登録するかどうか悩んでいる人もいると思います。ただ、取引所の母体を考えると、上場企業のフィスコが運営しているという点で昔のZaifよりも安心感があります。

また、FXをしている方なら分かると思いますが、フィスコが提供する世界の金融情報は参考になりますよね。金融業界にいる人なら誰もが知る有力企業です。

 

フィスコ仮想通貨取引所の評判について 

Twitterの評判・口コミ

フィスコは取引所の再開をして日が浅いのでTwitterの口コミは少ないです。
*都度更新をしていきます。

良い口コミ

 

 

悪い口コミ

 

Twitterでは色んな人の意見があるので、1つの情報として考えてもらえればと思います。

株式会社フィスコ仮想通貨取引所の会社情報

次に、会社の情報について記載します。

社名:株式会社フィスコ仮想通貨取引所
住所:東京都港区南青山五丁目4番30号
設立:平成28年4月12日
資本金:3億8,706万円
免許:近畿財務局長(仮想通貨交換業者)登録番号 第00001号

[株主]
株式会社フィスコデジタルアセットグループ


[*重要]
ポイントは、JASDAQ上場企業の株式会社フィスコのグループ会社が運営する取引所なので、管理人は利用しています。

>>フィスコ仮想通貨取引所の簡単登録はコチラ→
 

取り扱い銘柄

取り扱い銘柄は、現物売買(円建て)があり、FXの利用はできません。
銘柄は次の通りです。

現物売買


  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • FSCC(フィスココイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)

 

仮想通貨の売買手数料

手数料は次の通りです。

  • BTC(ビットコイン)
    Maker :  0%
    Taker  :0.1%

  • BCH(ビットコインキャッシュ)
    Maker:0.3%
    Taker :0.3%

  • MONA(モナコイン)
    Maker:0.1%
    Taker :0.1%

  • FSCC(フィスココイン)
    Maker:0.1%
    Taker:0.1%

  • CICC(カイカコイン)
    Maker:0.1%
    Taker:0.1%

  • NCXC(ネクスコイン)
    Maker:0.1%
    Taker:0.1%

 

フィスコ仮想通貨取引所のメリット

フィスコ仮想通貨取引所のメリットは次の4つです。

ビットコインの取引手数料が無料

フィスコ仮想通貨取引所ではビットコインの売買の取引手数料が無料です。他の取引所では売買に手数料がかかりますので、ビットコインをメインに取引をしたい人は選択肢として入れることができます。

 

カウンターパーティートークンを購入できる

フィスコ仮想通貨取引所ではZaifで取り扱いのある次のカウンターパーティートークンを購入できます。

  • FSCC(フィスココイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)

このトークンはZaifとフィスコのみで取り扱いがあります。

 

BTC・BCH・MONAを売買・保管ができる

フィスコ仮想通貨取引所ではBTC・BCH・MONAの取扱があります。そのため、取引所のハッキングリスクを軽減するためにBTC・BCHを保管しておくことができます。

 


金融業界で培ってきたノウハウがある

フィスコ仮想通貨取引所の特徴は親会社が金融業界に精通をしていて知名度が高い点です。会社の役員の方が次の仮想通貨関連の本を執筆をしています。

 


【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由

 

この本を時間をかけて読んでみましたが、体系的な知識がまとめまれていて読み応えがあります。業界の最前線で動いている人の考えに驚きました。この本を読んで、今後のフィスコの飛躍に期待をするようになりました。

 

フィスコ仮想通貨取引所のデメリット

フィスコ仮想通貨取引所のメリットは次の3つです。

売買が少なく注文が入りにくい

9月12日に営業を再開をして、売買が少ない状況のため指値注文が入りにくいというデメリットがあります。今後ユーザーの増加が期待されますので、この問題は解消されていくのでは?と予想しています。

 

FXのレバレッジ取引が利用できない

仮想通貨取引所ではFXによるレバレッジ取引ができるところが多いですが、このフィスコでは取扱いがないです。もしハイリスク・ハイリターンのレバレッジ取引をしたい人は別の取引所を利用することをオススメします。

 

取り扱い銘柄が少ない

今は取り扱いは主要通貨3種類、トークン3種類と取り扱い銘柄は、国内の主要取引所と比べて少ないです。

これから本格的な運営が進むにつれて、例えば、NEM、XRPといった有名アルトコインの取り扱いが増えると思いますので、今後に期待ですね。

 

フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所の評判・口コミ・メリット・デメリットについて(まとめ)

以上、フィスコ仮想通貨取引所の評判をまとめてきました。こちらの記事を参考にして、仮想通貨を購入してもらえればと思います。口座の開設は次のリンクから、すぐにできますので参考にしてみてください。

 

>>フィスコ仮想通貨取引所の簡単登録はコチラ→