ちびくじらの得する生活

仮想通貨の勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ


イーサリアムウォレットをMyEatherWalletで作成する方法・使い方まとめ

MyEatherWallet-top

 

こんにちは、仮想通貨投資中のちびくじらです。

イーサリアムウォレットを持つと、ペーパーウォレット(コールドウォレット)として、安全にETH(イーサリアム)を管理することができます。

また、仮想通貨のICOや、Airdropに参加でき、儲けるチャンスがより広がります。

 

そこで、このページでは、

▶イーサリアムのペーパーウォレット(コールドウォレット)を作りたい方

▶仮想通貨のICO・Airdropに参加するためにイーサリアムウォレットが必要な方

に向けて、

▶MyEatherWallet(マイイーサウォレット)というサイトを使った、イーサリアムウォレットの作り方、使い方

について、詳しく説明をしていきます。

 

MyEatherWalletでイーサリアムウォレットを作る手順

準備

以下の準備をしておきます。

▶紙に印刷をする準備(家のプリンターでの印刷 or コンビニの複合機で印刷)

▶パスワード(9文字以上)の準備

 

イーサリアムウォレットを作る手順

①MyEatherWalletの公式サイトにアクセスをします。

https://www.myetherwallet.com/

 

②公式サイトにアクセスしたら、上メニューの言語を「日本語」に設定をします。

MyEatherWallet-change-language-to-Japanese

 

 

③「強固なパスワードを入力(9文字以上)」欄に、準備しておいたパスワードを入力します。(必ず保存しておきましょう) 入力が終わったら、「お財布の作成」をクリックします。

MyEatherWallet-set-password

 

 

④次に、「ダウンロード Keystore ファイル(UTC / JSON)」から、秘密鍵となるファイルをダウンロードします。ダウンロードが終わったら、「理解できました。続けます。」をクリックします。

 

MyEatherWallet-download-keystore-json

 

以下の点に注意してください。

▶リカバリーできないので、無くさないこと

▶人に共有しないこと

▶バックアップを作成すること

 

⑤次の画面に遷移するので、「お財布紙情報を印刷」をクリックします。

MyEatherWallet-print-paperwallet

 

⑥以下の画面に遷移するので、画像をキャプチャーして、USBメモリに保管、紙に印刷をして保管します。また、ここの「Your Address」は、ICO・Airdropのときに使用するETH預入アドレスになります。また、秘密鍵については、誰にも教えないようにしましょう。

MyEatherWallet-eth-address-secret-key

 

 

以上が、My Ether Walletで、イーサリアム預入アドレスを作成する方法です。次に、イーサリアムウォレットにアクセスする方法を紹介します。

 

イーサリアムウォレットの使い方

アクセス方法

①MyEatherWalletの公式サイトにアクセスをします。

https://www.myetherwallet.com/

 

②公式サイトにアクセスしたら、上メニューの言語を「日本語」に設定をします。

MyEatherWallet-top

 

 

③上部メニューの「Ether / トークンの送出」をクリックします。「Keystore / JSON File」を選択をして、「お財布ファイルを選択」をクリックします。

MyEatherWallet-ether-send-token

 

 

④「お財布ファイル(ファイル名が"UTC--"から始まるファイル)」を選択したら、初めに設定したパスワード(9文字以上)を入力して、「アンロック」をクリックします。

MyEatherWallet-set-password-unlock

MyEatherWallet-info

 

 

ICO・Airdropのトークン取得確認

①右メニューの「Tokens(Ethplorer.io)」をクリックします。

MyEatherWallet-click-ethplorer-url

 

 

②「Ethplorer」に遷移するので、「Token Balances」の項目でICO・Airdropで入手したトークンを確認できます。

ethplorer-airdrop

 

ICO・Airdropのトークンを取引所に送付する

ICO・Airdropで取得したコインを海外の取引所に送ります。送るタイミングは、読者さんがBTCに替えたいときでいいです。

MyEatherWalletにコインを抽出する

*ここでは、NANJCOINを例に説明をします。

①「Token Balances」欄から、NANJCOINを選択します。

ethplorer-token-balances-nanjcoin

 

②次の項目を画面からコピーします。以下は画面から抽出したときを例にしています。
 ・①:NANJCOINの保存アドレス:0x〜65
 ・②:Symbol:NANJ
 ・③:Decimals:8

myetherwallet-extract-nanjcoin


③次に、MyEatherWalletに抽出します。「Token Balances」欄の「Add Custom Token」をクリックします。

myehterwallet-extract-nanjcoin-enter-items

 

④クリックをすると、以下の通り入力する欄が表示されます。先程コピーした情報を以下の通り入力したら、「Save」をクリックします。

myehterwallet-save-nanjcoin

 

⑤「Token Balances」欄に、抽出したコインが表示されます。これで抽出は完了です。

myehterwallet-done-nanjcoin

 

海外取引所で預け入れアドレスをコピーする

①海外取引所で口座の開設をして、該当コインの預け入れアドレスをコピーしてください。

*例:RNT(OKEX取引所)

myehterwallet-copy-deposit

 

MyEatherWalletに0.01ETH以上を送付する

①MyEatherWalletから外部に送付するために、送金手数料としてETHが必要です。公式のマニュアルでは、0.01ETH以上を送金手数料として用意することが推奨されています。

*MyEatherWalletのETH預入アドレスは、以下の箇所になります。

myehterwallet-send-eth

 

海外取引所にコインを送付する

*RNTを例に説明をします。

①以下の通り、項目を設定します。

To Address:海外取引所の該当コインの預け入れアドレス
Amount to Send:送付するコインの枚数
Gas Limit:送金優先度の変更(*デフォルト値で大丈夫です)

copy-deposit-address

 

②項目を設定したら、「Generate Transaction」をクリックします。

myeatherwallet-generate-transaction

 

③次に、「Send Transaction」をクリックします。

myeatherwallet-send-transaction


④確認画面が表示されるので、もう一度確認をして問題がなければ「Yes I am sure! Make Transaction.」をクリックします。

myeatherwallet-confirm-make-transaction

 

⑤送金後、数十分経つと、取引所に送金が完了します。あとは、取引所でBTCに替えることができます。

myeatherwallet-change-btc

 

MyEatherWalletのKeystone / JSON Fileをなくした時の対応方法

もし、秘密鍵を暗号化したファイル、またはそれにひもづくパスワードを忘れてしまった方は、秘密鍵を控えていればWalletを開くことができます。その手順は以下のとおりです。

①「Ether / トークン」の送出をクリックして、秘密鍵を選択します。

②右のテキストボックスに控えておいた秘密鍵を入力をします。入力が終わると「解除」ボタンが出現するので、クリックをして合っていればウォレット画面に移動します。

f:id:chibikujira:20180514060354p:plain

*秘密鍵の直接入力は、PCがウィルスに感染していた場合、秘密鍵が漏洩するリスクがあります。大金を預けている場合は、ウォレットを再作成して送り直すことをオススメします。同じことで困っている方がいたときは、こちらの内容をお知らせしてもらえればと思います。

 

以上が、イーサリアムウォレットをMyEatherWalletで作成して・ICO・Airdropで取得したコインを確認・送金する方法になります。今後管理人が実際に使用していく際に更新をしていきます。

 

また、Airdropの最新情報を以下にまとめていますので参考にしてみてください。

www.chibikujira.com