ちびくじらの得する生活

仮想通貨の勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ


ELA(Elastos)の特徴・将来性・買い方について

 

elatos-logo

 

こんにちは、仮想通貨全力トレード中のちびくじらです。

Binanceについて上場投票(2018年2月25日締め切り)で、ELA(Elastos)が1位になっていますね。

ところで、このElastosについて知っていますか?一言で説明すると、「中国版イーサリアムNEOをベースにした中国系コイン」ということですが、内容について分からない方も多いと思います。

 

そこで、こちらのページでは、

▶ELA(Elastos)について知りたい人

に向けて、

▶ELAのチャート
▶ELAの特徴
▶ELAの将来性
▶ELAの買い方

について管理人が公式サイトやTwitterを確認して調査したものをまとめましたので、Elastosの購入を検討している方は参考にしてみてください。初心者の方でも分かりやすく説明をしています。 

*ELAはHuobi.proで購入できます。Huobiへの登録は次の記事を参考にしてみてください。

>>> Huobi.pro(フオビー・プロ)の口座を無料で開設する⇒

www.chibikujira.com

ELA(Elastos)の特徴・買い方・将来性について

ELAは一言で説明すると、"中国版イーサリアムNEOをベースにした中国系コイン"です。

イーサリアムでも同様のサービスを想定していますが、ブロックチェーンと個人個人のWeb上の権利を結びつけるようにしていこうというものです。

例えば、音楽をダウンロードしたら、そのダウンロードした音楽にELAの仕組みを組み合わせます。そうすると、購入した音楽をまた別の人に販売することができます。より具体的に、Web上での知的財産を紐付ける仕組みを提供ことが特徴ですよね。

以下のホームページを確認してみてください。

 >>ELA(Elastos)の公式サイトはこちら

 

ELA(Elastos)のマーケティングについて

Twitterでfay liさんというカワイイ中国人のマーケティング担当の方がツイートしているのを紹介しますね。

ELAが気になる方はフォローしておくといいかもしれません。また、Nadaqのタイムズスクエアという、日本でいう渋谷のような有名なところで広告を出しています。

 

こちらは、ELAのイメージ動画ですね。

 

 

ELA(Elastos)の特徴

ホワイトペーパーを確認すると、NEOベースのブロックチェーンでWeb上のデジタル資産の著作権管理と交換ができる点がポイントですよね。

先程も少し説明しましたが、ダウンロードした音楽でしたり、電子書籍、また、スマホアプリ、デスクトップアプリなどありますよね。

確かに、何気なく生活する中で、ライセンス式の契約が多いので、デジタル資産(ツール)は売れないと思っていますが、このELAが浸透すると、フリマアプリと同様にスマホアプリや音楽を販売することができるようになるという新しいプラットフォームを作るところが一番の特徴ですね。

まだ、実績となるものはできていない段階ですが、ホワイトペーパーを確認すると、以下の図がありますね。ポイントは、"分散型"で"P2P"が本当イーサリアム、NEOと同様ですね。

elatos-system

 

 

ELA(Elastos)の将来性について

経営者について

次に、会社のチームを確認したところ、面白い情報がありましたので紹介します。
経営者とディレクター、2人の重要な人物を紹介します。

 

 

 

elatos-founder

 

ロン・チェン社長

経歴は、Elastosの企画を18年間研究開発をしている方として紹介されています。Elastosの創業者の中の創業者という方です。キーマンですよね。

 

 

 

elatos-neo-ceo

 

Hougfei Da ディレクター

この方、NEOの創業者兼CEOとしてこのELAの企画に参画しているわけです。この中国版のイーサリアムの創業者が企画に参画しているのは、実績のない人が参加するのではなく、今成果を出しつつあるNEOというプロジェクトですからね。大きくなる期待値もそれだけ大きいのだと想像できます。

 

 

 

ELA(Elastos)のチャート・基本情報について

ELA(Elastos)のチャート

まず、MarketCapのチャートを確認してみます。2/14から右肩上がりで、約2倍近くになっていることがわかりますよね。

elatos-chart

 

 

次に、2/1からHuobiに上場したので合わせてその情報も確認してみましょう。右肩上がりになってなっていることが分かりますね。

elatos-chart-huobi

 

[*2018/4/7追記] 

また、3月までの間に仮想通貨市場の原則に伴い、一旦25$前後まで下落しましたが、4月6日にELA payを遠東航空で使用するというニュースがあり、実需の面がアピールされて、20%以上の伸びとなっています。

 

ELA(Elastos)の基本情報について

以下、現在(2018/2/23)の情報です。発行枚数が3300万枚と少ないところがポイントです。

・ボリューム(24時間):約1118億円
・発行枚数:3300万枚
 *参考:ビットコインは2100万枚

 

*Elastosの取扱高(QASH、FACTと同程度)

ela-toriatsukaidaka

 

 

Twitterの反応について

私が参考にしているICOに強いアメリカの投資家(日本人)のツイートを紹介します。

 

 

 

 

一旦、上がりきってしまって、押し目を拾うということですかね。Binance上場を織り込んだチャートの動きになってきているのかなと思いますよね。

 

ELA(Elastos)の買い方について

ELAですが、以下のHuobiでBTC建てで買えますので、気になる人は登録をして少し購入してみても面白いかもしれませんね。管理人は、マイナーコインに割く予定がないので、状況を見つつと言ったところですね。

>>> Huobi.pro(フオビー・プロ)の口座を無料で開設する⇒ 

www.chibikujira.com

 

まとめ

以上が、ELAの特徴・将来性・買い方になります。今後、どうこのサービスが発達していき、人々の生活に浸透していくのか、2018年はELAに注目しています。

また、以下のページにAirdropの最新情報をまとめていますので参考にしてみてください。

www.chibikujira.com