ちびくじらの得する生活

仮想通貨の勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ


仮想通貨(ビットコイン)を始めたきっかけと今後を徹底予想

crypto-bitcoin-kongo-yosou

こんにちは!ちびくじらです!今回は仮想通貨ブロガーでYou Tube配信もされている、カリフラさんから記事の寄稿をいただきました!

これから仮想通貨を始めようか悩んでいる方に向けて、

▶カリフラさんが仮想通貨を始められたきっかけ
▶仮想通貨の今後の展開予想

について、わかりやすくまとめられています!ぜひ御覧ください!

趣味は温泉巡りと草コイン漁り、好きな機種はバジリスク絆。 Youtuberのラファエル風に挨拶すると、どうもみなさんこんにちは!海外旅行でタイ行く男だいたい風俗目的。 どうもカリフラです(。・ω・。)

はいというわけで今回はみんな大好き、ちびくじらさんのブログに寄稿させていただくということでお題に関して迷いましたがタイトルにある通り、資産を10倍にしたカリフラが「仮想通貨を始めたきっかけと今後の予想」について述べていこうと思いますので最後まで見ていただけると嬉しいです。

仮想通貨(ビットコイン)を始めたきっかけ

crypto-bitcoin-kongo-hajimetakikkake

仮想通貨を始めたきっかけは大学時代の友人との会話

早速ですが、私が仮想通貨(正確には暗号通貨)に参入したのは2017年6月なんですよね。当時はサラリーマンとして働いており、朝から晩まで忙しく会社の給料以外で何か稼ぐには時間があまりありませんでした。

私は「こんな仕事漬けの生活をずっと送り続けるのは嫌だなあ。何か効率よく稼ぐことのできるものはないかなあ。」とよく思っていました。

そんな時に、私と同じくサラリーマンとして頑張っている大学の友人と電話をしまして、まあ男2人の会話なので女の話やお金の話になっていくわけ何ですよね。

私が「何か短時間で儲かる方法とかないのかなあ。」なんて言っていると友人が「それやったら仮想通貨今きてるで!!!知ってる?ビットコイン!!俺買った瞬間4倍なった!」という話をしてきました。

私はそれを聞いて、仮想通貨買うだけで儲かるなら時間もかからないし投資はしてみたいと思っていたので早速コンビニに入金に行ったのが始まりでした。

仮想通貨は刺激的な日が多く月日を長く感じる

私が仮想通貨を始めてから約1年が経とうとしていますが、「まだ1年か〜。」という感覚です。

理由としては仮想通貨は銘柄が1000種類以上あるというのもありニュースが多く、値動きも株と比べるとすごく激しいので刺激的な日が多いからでしょう。

 

仮想通貨(ビットコイン)で今後儲けられるの?

crypto-bitcoin-kongo-moukerareru

 

仮想通貨はお金を儲けたい投機目的がほとんど

現在の仮想通貨市場に参入している投資家の多くはブロックチェーンの技術に期待して応援の意味でお金を突っ込んでいるというよりは、儲かりそうだから投資している、いわゆる投機目的です。

私もそうでしたしそれが良い悪いという話ではなく、すでに仮想通貨市場に参入している方もこれから投資を考えている方も、このまま仮想通貨を所有しておいていいのか、これから参入して儲かるのかというところについては気になりますよね。

仮想通貨はもう一度バブルは起きるのか?

そして私の個人的な意見を述べると、何ヶ月などの短期で見ると2017年末のような高騰が見られる可能性はそれほど高くはないのかなあと考えており、逆に3年、5年、10年と長期で見ると価格の上昇は期待できるのではないかと考えています。

crypto-bitcoin-kongo-tyoukitoushi-moukerareru

どういうことかと言いますと、日本円とは違いビットコインを始めとする仮想通貨の多くには発行上限枚数というのが定められています。

ビットコイン(BTC)の場合だと2100万BTCと定められており、それ以上発行されることはないんですよね。ということは需要が高まるほど、つまり買う人が多ければ多いほど価格は高騰するわけです。

じゃあどうしたら買う人が増えるの?って話になりますがやはり新規の方の参入が大きいでしょうね。

実際に2017年末の仮想通貨の高騰も「仮想通貨を買えばお金が増える!!」というような認識が浸透し、新規の方の参入がすごく増えて価格の高騰につながったというのが高騰の一因です。

しかしコインチェックのNEMハッキング事件など、2018年上旬に仮想通貨の価格は暴落しました。この暴落で仮想通貨市場から退場した方、これから始めようと思っていたけど投資をやめたという方が多かった印象です。

新規の方の参入が少なければ価格の高騰を短期で期待するのは難しいのかなと。

そしてもう1つが、仮想通貨市場に残ってるのが自ずと前から仮想通貨投資をしていた方々ということになりますよね。

そうすると、暴落を何度も経験している人はロング(買い)とショート(売り)をある程度こまめにする人が多いので、価格が今までのように一気に何十倍にも高騰する銘柄は少なくなりそうだということです。

crypto-bitcoin-kongo-tyouki 

しかし長期で考えると価格は上を目指す可能性も十分に考えられます。

理由としては現在仮想通貨の銘柄は基軸通貨であるビットコイン(BTC)を筆頭にほとんど価値のないマイナーなアルトコインまで1000種類以上あります。

そしてほとんどの通貨が開発途中であったりと実用化されていないというのが現状です。あの有名なNEMでさえまだカタパルトというアップデートを控えている状態だったりします。

それらの仮想通貨の開発が進んだり、アップデートによって送金スピードが速くなって私たちの日常にブロックチェーン技術、つまりは仮想通貨が浸透したら先ほども述べたように需要は高まりますよね。

需要が高まれば価格の高騰は十分に期待できます。

という感じで、資金に余裕のある方は仮想通貨に投資してみるのもアリではないでしょうか。

というわけで私カリフラからは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではっ(*・ω・)ノ

 

ちびくじらのまとめ

こちらの記事はカリフラさんは2017年6月に仮想通貨の将来性にいち早く気づき、資産を10倍にされた実力がある方です。

知識もあり、今後の展開も冷静に分析されていてCRYPTO TIMESの公式ライターとしてご活躍されています。

今回の記事でカリフラさんから、「稼ぐことへのハングリーさ」・「分析力」・「暴落(下振れ)をしてもブレない精神力」を感じました。

寄稿記事を頂く中でのやり取りで、お互いスロットが好きという共通点で盛りあがりましたが、カリフラさんはスロットでも稼ぐ立ち回りをされてるんだろうなと文章から感じました。

やっぱり、仮想通貨はいくらブロックチェーンの技術が凄いとは言っても、みなさん「稼ぐこと」を目的としてやっているのだなと今回のカリフラさんの記事を読んで改めて感じましたね。

また、そんなカリフラさんが書かれている仮想通貨ブログ、「おくりびっとこいん-仮想通貨-」は初心者の方にも勉強になりますので是非ご覧ください!

 

今回ご寄稿いただいたカリフラさんの情報

ブログ:おくりびっとこいん-仮想通貨-

ツイッター:カリフラ@仮想通貨/ブログ(@LwfBk8