ちびくじらの得する生活

仮想通貨の勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ


仮想通貨(ビットコイン)で英語が必要な場面について【徹底解説】

crypto-english

Hello, my name is Chibikujira desu ;)

仮想通貨投資をしている人の中には、

仮想通貨の情報収集をするには英語が必要なの!?

と疑問に思っている人がいるかと思います。

そこで、このページでは、

▶仮想通貨の投資をしている方

に向けて

▶英語が必要なシチュエーション

について外国人の妻をもつ管理人が解説をしていきたいと思います。

仮想通貨(ビットコイン)の情報収集に英語が必須な理由(結論)

まず、結論から先にお話しますと、以下の順で英語が必要な場面があります。

▶海外取引所トラブルの解決
▶海外取引所トラブルの情報収集
▶無料でコインがもらえるAirdropに参加する
▶海外のICOに参加する
▶外国人のTwitterで情報を収集する

また、英語を勉強するのであれば、昔はレアジョブを使っていましたが、今はDMM英会話 が効率よく学習ができますね。それでは、各シチュエーション別に説明をしていきます。

海外取引所トラブルの解決

まず、海外取引所のトラブルですね。管理人は、ニュージーランド・中国の海外取引所であったり、また、ヨーロッパに住んでいるため、アメリカ拠点のCoinbase、EU内の仮想通貨取引所にも登録ができます。

その中でも、よくあるトラブルが2つあります。

▶二段階認証のアプリが入った携帯を紛失してログインできない
▶送金の受け取りが上手くいかない

二段階認証のアプリが入った携帯を紛失してログインできない

まず、二段階認証のアプリが入った携帯を紛失したときは、自分でサポートにお問い合わせをする必要があります。取引所によっては相手にされないケースもあるらしいです。管理人はこのケースに陥らないように3重のバックアップ体制を敷いています。

もし、海外取引所主体で取り引きをやっていて、かつ英語が苦手な人はこの機会に英語を少しは読み書きできるようになっていた方が安心できるかと思いますね。

送金の受け取りが上手くいかない

以前、Twitterを見ていてあったのですが、取引所に100万円相当のBTCを送付したときに、着金処理が行われていないということがあったそうです。そこで、メールで問い合わせをしたところ上手く対応してもらえたというケースもありました。ここで、感じたのは、英語ができなかったら詰むなと感じました。

管理人は、ヨーロッパとアジアでバックパッカーをしたことがありますが、海外旅行では自分の状況を伝えて、それを解決するという場面がたくさんあります。1番大事だなと感じたのが、カタールでオーバーブッキングに遭いイスラムの国に入国して1日滞在を余儀なくされたときです。ちなみに英語ができると、オーバーブッキングに遭ったら、ビジネスクラスにして欲しいと交渉できるチャンスがあるので覚えておくといいかと思います。

海外取引所トラブルの情報収集

次に、海外取引所トラブルの情報収集ですね。これは例えば、BINANCEで以前ハッキング事件がありましたが、この情報が、日本で広まるときは、インフルエンサーの人が一次情報となる取引所の情報をRTするときに自身のツイートを載せるという形ですね。

ここで重要なのが、情報の整理をすることですね。英語のTweetを読んで今自分が何をどうするべきなのか?を瞬時に考える必要があります。

 

無料でコインがもらえるAirdropに参加する

次に、Airdropへの参加です。仮想通貨の初期段階では企業は広告・宣伝のために無料で仮想通貨のコインを配布するというAirdropがあります。このAirdrop。ひな形に沿って作業をするとよいのですが、そのときに英語が必要な場面がよくあります。英語ができない人にとっては、このAirdropは敷居があると思いますね。

特に、将来値上がりが期待されるようなコインのAirdropは身分証明書の提出、Telegramへの参加、Twitterのフォローなど、必要な作業が多いのが特徴ですね。更にAirdropで稼ぐことを視野に入れると、英語の読解能力が必要になってきます。

* 参考

www.chibikujira.com

 

海外のICOに参加をする

次に、海外のICOへの参加ですね。これは、ガチでICO投資までするとなると英語・IT技術が必須です。例えば、citibankやJPモルガンが参画している、BrahmaOSですが、こちらは管理人が英語の情報をまとめた記事になります。英語だけでなくIT技術まで把握しておかないと情報を上手く消化できないので注意ですよね。

*参考

www.chibikujira.com

公式サイトのTwitterで情報を収集する

管理人はRippleの公式アカウントのつぶやきをよく眺めますが、彼らがどういう情報を発しているのかを注意してみています。英語ができないと、情報取得のスピードが遅くなってしまいますよね。ですので、その点は注意をしていかないといけないですよね。

 

仮想通貨(ビットコイン)の情報収集に英語が必須な理由(まとめ)

以上、仮想通貨(ビットコイン)の情報収集について英語が必要な理由について述べてきました。まとめると、英語ができると

▶海外取引所のトラブル回避ができる
▶海外取引所のトラブル情報を取得できる
▶Airdropの効率が上がる
▶海外ICOに参加しやすくなる
▶公式サイトの情報を早く取得できる

というメリットがありますよね。英語を勉強しておくと仮想通貨の情報を早く扱えるようになります。また、管理人が英語を勉強をしていたときはオンライン英会話で勉強をしていました。8年前にレアジョブを使っていましたが、今だとDMM英会話 がいいです。フィリピンだけではなく東欧の人と会話ができるのですが、その中でも美人な先生ばっかり予約をしていると英語力があがりますよね。参考にしてみてください。