ちびくじらの得する生活

仮想通貨・FXの勝率(期待値)をあげるための最新情報を発信するブログ

コインチェック(coincheck)の業務改善命令・行政処分について【速報まとめ】

coincheck-logo

こんにちは、仮想通貨投資中のちびくじらです。

3月8日の午後4時に、コインチェックの記者会見がありました。業務改善命令・行政処分はどんなものだったのか知りたい方がいらっしゃるかと思います。

また、コインチェックの営業が再開したあとの市況はどうなるか気になる方もいらっしるかと思います。

そこで、このページでは、

▶コインチェックの業務改善命令・行政処分について知りたい人

▶コインチェック再開後の市況について知りたい人

に向けて、

▶NEMの88円補償・送金と営業の再開

▶コインチェックの業務改善内容

▶コインチェックを引き続き使用しても大丈夫なのか?

▶コインチェック以降の市場の予想

について、トレーダー × エンジニアの視点から説明をしていきたいと思います。

 

NEMの88円補償・送金・営業再開について

会見をご覧になっている方がほとんどだと思いますので、ここはサクッとまとめたいと思います。こちらのHPの内容をまとめています。

コインチェック:仮想通貨NEMの不正送金に関するご報告と対応について

 

NEMの88円補償

NEMの補償は前回の説明の通り、88円で行われます。対応日は来週の3/12〜3/16までの間で行われると想像しています。利確分の税金については、国税庁に確認をしているそうです。

コインの送金再開について

コインの送金再開についても、準備が出来次第対応していくそうです。遅くとも3月中には対応が完了するのではと考えています。

営業再開について

現状、アルトコインの売買が停止していますが、来週中から順次再開していくということです。

 

業務改善内容と事業の継続について

次に、業務改善内容ですが、コインチェックの公式サイトで公表された全部の内容を確認しました。内容は、凄い本格的で、金融庁が監督しているだけありしっかりしてるなという印象でした。以下の4点がポイントですね。

▶外部セキュリティ企業によるコンサル

▶サーバー等のセキュリティ強化

▶セキュリティ委員会の設置

▶事業継続の意思

それぞれ詳しく説明をしていきます。

 

外部セキュリティ企業によるコンサル

まず、外部セキュリティ専門の企業5社に入ってもらって、今回の事象の解析・対応案を一緒に練りました。その結果、以下のセキュリティ強化策が報告されています。具体的な対応策を確認していくと、コインチェック凄いなと正直思ってしまいました。

サーバー等のセキュリティ強化

まず、サーバーについては、セキュリティ企業のコンサルに入ってもらって、サーバーの設計・構成を見直して、「セキュリティ対策はバッチリです。任せてください!」にという流れになります。特に、PCをすべて取り替えて新しく購入するという点は、なるほどなと唸らせましたね。

セキュリティ委員会の設置

また、大企業のように、セキュリティ委員会を立ち上げました。ここでは、セキュリティに関する対応案を常日頃からブラッシュアップしていくのだと思います。

事業継続の意思

最後に、事業継続の意思ということを表明していますね。ここまでは、すでに出ている情報なのでサクッと伝えてきたんですけど、問題はこれからなんですよね。前置きが長くなりましたが、今後の展開を考えていきたいと思います。

 

コインチェックを引き続き使用しても大丈夫なのか?

管理人は、仮想通貨の保管は取引所とハードウェアウォレットに分散して保管しています。今後、コインチェックを利用してなにか仮想通貨を購入したり保管することは、今のところないです。というのも、手数料が高すぎるんですよね。bitbank(ビットバンク)が手数料無料でいいじゃんって思っています。

今後、引き続き利用・保管しても大丈夫かどうかは、正直読めません。ただ、もうこの心配をする時点でダメなんですよね。もう信用がなくなっているわけですから。

例えると女の子が彼氏から浮気をされて、「もう信じられない、別れよう」よくあるパターンですね。ダメな男はまた浮気をするんですよ!そういう見方の人も多いかなと。

もしコインチェックを使っていくにしても、保管する先は分散しておくことが大事です。働いてたりしてたら、登録はめんどくさいと思いますけど、リスクを分散させておくにこしたことはないのかなと。

取引所は口座の維持手数料もないので、これを機に分散させておきたいです。こちらの取引所一覧を参考にしてみてください。

www.chibikujira.com

 

コインチェック再開以降の仮想通貨市場予想

リップルで有名な与沢さんは、「コインチェックが再開をしても、日本のマーケットで12月のようなバブルの再来は直近だと難しいのでは?」という冷静な見方をしていて、管理人もそう考えています。最近は市場の雰囲気が良くないですよね。

ですが、仮想通貨はまだまだ成長の余地はありますし、今後はSBIグループ・三菱東京UFJ銀行・LINE・サイバーエージェントといった大企業が参入をしてきますので、拡大の余地はあると考えています。

というわけで、コインチェックが再開しても、すぐには盛り上がらないとは思いますが、今後また拡大していくと予想しています。短期では悲観、長期では楽観という形ですね。